本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 宗教・倫理 > 倫理学
ゼロ成長の富国論[猪瀬直樹]
  • Googleプレビュー

ゼロ成長の富国論
猪瀬直樹

1,540(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2005年04月
  • 著者/編集:   猪瀬直樹
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  197p
  • ISBN:  9784163669502

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『日本国の研究』『道路の権力』で「官」の借金資本主義ともいえる行き詰まりの構造を明るみに出した著者は、この作品でではどうすればいいのか、を江戸末期に改革に成功した二宮金次郎の手法から考える。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 皇室は鏡のように/第1章 人口減少社会に挑戦した男/第2章 積小為大/第3章 複利の魔力/第4章 偉大なる発明「分度」/第5章 見捨てられた領地の再生/第6章 希望の未来を指し示す/第7章 カギは農業にあり/終章 二宮金次郎は現代に蘇る

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
猪瀬直樹(イノセナオキ)
作家。1946年、長野県生まれ。西武・堤一族を素材に借金と土地本位制というこの国の本質を先駆的に描いた『ミカドの肖像』(87年)で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。97年の『日本国の研究』では特殊法人の不正にまみれた非効率な世界を初めて描き出し、それが契機になって2002年6月道路関係4公団民営化推進委員会の委員となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ