本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

羆嵐 (新潮文庫 よー5-13 新潮文庫)
吉村 昭

693(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音…。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。

著者情報(「BOOK」データベースより)

吉村昭(ヨシムラアキラ)
1927-2006。東京・日暮里生れ。学習院大学中退。1966(昭和41)年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、’73年菊池寛賞を受賞。以来、現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表した。主な作品に『ふぉん・しいほるとの娘』(吉川英治文学賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『破獄』(読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞)、『天狗争乱』(大佛次郎賞)等がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(412件)

総合評価
 4.25

ブックスのレビュー(64件)

  • 事実に基づいたヒグマ事件
    ひげなしルイージ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2014年08月01日

    開拓当時の北海道天塩の事件を、史実に基づいて書いたドキュメンタリー小説。
    一頭のヒグマに男女6人が襲われ殺され、今も語り継がれている話。
    残虐で凶暴なヒグマに対し、まともな武器のない人間たちがどう立ち向かうか、北海道生まれの私にとっては、開拓者である彼らの勇気には感銘を受けます。

    9人が参考になったと回答

  • 真夏にオススメ!
    かげたん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年06月17日

    大昔、母がラジオドラマで聞いたこの物語を
    話してくれて、女の匂いが付いた懐炉をかみ砕く
    熊の恐ろしさにぞ〜っとしました。
    ネットのブックレビューでこの本を見つけ
    あの話だ!と思い購入。
    厳冬の天塩山麓。情景も寒いし人のもろさや情けなさに
    心の底から寒くなります。
    真夏に読んでもエアコンいらずの恐怖間違い無しです。

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    GianGoda
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年05月17日

    三毛別羆事件を題材にした作品です。国内最強生物、ヒグマの恐ろしさが伝わってきます。

    3人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年07月15日 - 2024年07月21日)

     :第-位( - ) > 文庫:第1925位(↓) > 小説・エッセイ:第1361位(↓)

  • 日別ランキング(2024年07月23日)

     :第-位( - ) > 文庫:第1948位(↑) > 小説・エッセイ:第1327位(↑)

在庫あり

残りあと21

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      アルジャーノンに花束を新版
      アルジャーノンに花束を新版

      ダニエル・キイス

      1,078円(税込)

    2. 2
      正体
      正体

      染井為人

      990円(税込)

    3. 3
      家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった +かきたし
      家族だから愛したんじゃなくて、愛したの…

      岸田 奈美

      693円(税込)

    4. 4
      くらのかみ
      くらのかみ

      小野 不由美

      748円(税込)

    5. 5
      こころ改版
      こころ改版

      夏目漱石

      407円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ