ぞうのボタン
  • Googleプレビュー

ぞうのボタン 字のない絵本
上野紀子

972円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1975年03月
  • 著者/編集:   上野紀子
  • 出版社:   冨山房
  • 発行形態:  絵本
  • ページ数:  32p
  • ISBNコード:  9784572002068

商品説明

ぞうがいます。おなかにボタンを4つつけています。そのボタンをはずすと、中から出てきたのは…?次から次へと動物が登場する楽しい絵本。文字がないことで、逆に子どもたちの創造性が大きく広がります。


字のない絵本です。ぞうのおなかにボタンが4つ。なんでしょう? ボタンを開けて、中からうまがでてきます。うまのおなかにもボタンが・・・今度は中からライオンが出てきます。 ライオンのおなかにもボタンが・・・次々と動物たちが出てきます。そして最後にネズミから出てきたのは・・・?


おなかにボタンがついていて、中から別の動物が出てくる・・・なんという発想でしょうか。この衝撃的な展開には文字も色も背景も必要ありません。中から出てくるわけですから、だんだん動物は小さくなってゆくのですが、最後に意外な展開が待っています。文字がありませんから、親としては自分の言葉で子供と会話しながら本を楽しむことが出来ます。


絵を見れば、「ねずみくんのチョッキ」のうえのさんの作品だとわかります。
副題に「字のない絵本」とあるように、字は全く書いてありません。
全て絵で表現されている「ナンセンス絵本」です。
ボタンをはずし、次々に上の皮(?もしくはスーツ?)を脱いでいく「元・『ゾウ』の形をしたなにか」。

これはいったいなんなんでしょうかねぇ?
想像するのは楽しいです。

そして、ねずみまで小さくなった後に出てくるのが、また『ゾウ』というところがうえのさんの作品の面白さを感じました。
参加型にして、いろいろおしゃべりしながらこの本を紹介するのも楽しそうですが、
お話会で使う時、あくまでも無言で“間”だけをとって、ページをめくっていくのも楽しいかもしれません。(てんぐざるさん 40代・埼玉県 女の子17歳、女の子12歳、)


【情報提供・絵本ナビ】

みんなのレビュー

  • 1歳7カ月の息子に♪
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年05月20日

    図書館でこの本を見つけ、息子に借りてあげたところ、とーっても気に入ったようで、早速購入しました。文章がなく絵だけなので、いろいろアレンジしながら読めて楽しいです。息子は、この本で、「○○の、○○」という言葉を覚えました!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

972円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      820円(税込)

    2. 2
      せつない動物図鑑
      せつない動物図鑑

      ブルック・バーカー

      1,080円(税込)

    3. 3
      ざんねんないきもの事典
      ざんねんないきもの事典

      下間文恵

      972円(税込)

    4. 4
      続ざんねんないきもの事典
      続ざんねんないきもの事典

      今泉忠明

      972円(税込)

    5. 5
      じゃあじゃあびりびり 改訂
      じゃあじゃあびりびり 改訂

      松井紀子

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ