精神分析セミナー(4)
  • Googleプレビュー

精神分析セミナー(4) フロイトの精神病理学理論
小此木啓吾

5,400円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1987年06月
  • 著者/編集:   小此木啓吾
  • 出版社:   岩崎学術出版社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  315p
  • ISBNコード:  9784753387069

商品説明

●「初学者のための系統的な精神分析セミナー」シリーズ第4巻。ここでは,フロイトに始まる精神分析理論が彼以降どのように発展していったか,その歴史的な展望を追う。後半ではフロイトの精神病理学や性欲論の基礎を詳しく解説し,フロイトから今日につながる臨床の流れが包括的に理解できる内容となっている。

●目次
まえがき
精神分析理論の成り立ちーーフロイトからフロイト以後へ
I 精神分析との出会い
(1) 精神分析学はいかにして可能であるか (2) 理論以前の根源的な経験へ (3) 精神分析的解釈への疑問

II 精神分析をどうとらえるか
(1) 歴史科学的な認識方法 (2) 方法の公共性と経験の共有性 (3) 治療構造をつくり出す

III 神経病医フロイト
(1) 組織学者として (2) 神経学者として (3) 治療者への道 (4) コカイン・スキャンダル

IV 精神療法家フロイトの葛藤

V フロイト以後の流れ
(1) 国際精神分析学会の流れ (2) ラカン学派 (3) ネオ・フロイト学派 (4) 現存在分析の流れ (5) 「白衣を脱ぐ」 (6) 「地上にとどまれ」 (7) 各学派の方法論と理論モデル

精神分析理論の歴史的展望ーークライソ学派と対象関係学派
I 精神分析の諸学派 II 対象関係的な考え方
III メラニー・クラインの業績
(1) 無意識的幻想 (2) 内的対象 (3) 防衛機制 (4) 態勢という概念
IV その後の発展
(1) 投影性同一視 (2) 早期超自我形成 (3) 環境要因
V 境界例・精神分裂病などの精神病理 VI 集団精神力動および集団精神療法 VII その他

フロイトの精神病理学 その一ーーその時代的変遷
I はじめに II 第一期ーー抑圧と防衛機制 III 第二期ーー『精神分析入門』における神経症論 IV 第三期ーー心的構造論と不安信号説 V 第四期ーーi目我心理学の基礎 VI O・フェニケルの「神経症論」 VII マクロの理論からミクロの理論ヘ

フロイトの精神病理学 その二ーー生成ー分析論モデル
I 発生ー発達論と生成ー分析論
II 心の成り立ち
(1) 原初的な母ー子単位 (2) 不快原則 (3) 幻想的満足ーー快感原則の成立 (4) 母子交流の機能 (5) 現実原則への適応ーー二次過程・一次過程の分化

フロイトの精神病理学 その三ーー発達ー退行論モデル1
I はじめに II 発達ー退行論モデルーー固着と退行 III 固着と反復 IV 発達段階と病型 V 神経症における二つの退行

フロイトの精神病理学 その四ーー神経症論、発達ー退行論モデル2
I 神経症の図式
II 退行について
(1) 葛藤のある退行・ない退行 (2) フロイト以後の退行理論ーーARISE (3) フロイトにおける抑圧と昇華
III 先天・後天の相補系列 IV 疾病利得について V 現実神経症と精神神経症

フロイトの精神病理学 その五ーー不安ー防衛論モデル1
I はじめに II 不安の現象学 III 不安の発生とその原型 IV 不安信号説 V 不安の形態と心理学的な意味 VI 不安と防衛機制

フロイトの精神病理学 その六ーー不安ー防衛論モデル2
I はじめに II 抑圧ーー症例ルーシー III 抑圧と否認 (1) 抑圧と否認の違い IV 恐怖症における投影と置き換え V 強迫神経症と肛門期退行
強迫神経症と反動形成/境界例・精神病における防衛機制
VIII まとめ

フロイトの精神病理学 その七ーー自己愛論モデル
I これまでのまとめ II 自己愛の定義と鏡像論 III 自己愛とリビドー論 (1) 自我リビドーと対象リビドー (2) 一次的自己愛について (3) 二次的自己愛としての分裂病 IV 自己愛的対象選択と理想化 V 自我境界と全能感 VI 症例シュレーバーと自己愛論
VII 自己愛と同性愛
(1) 症例シュレーバーにおける自己愛と同性愛 (2) 青春期における自己愛と同性愛 (3) レオナルド・ダ・ヴィンチにおける自己愛と同性愛
VIII 受身的対象愛

フロイトの性欲論
I 幼児性欲論 (1) 「性的」と「性器的」の区別 (2) 幼児性欲の三大特徴 (3) 二相説 (4) 幼児性欲の抑圧と神経症 (5) 欲動の概念
II 口愛期、肛門期、男根期 (1) 男根期 (2) 肛門期 (3) 口愛期
III エディプス・コンプレックス IV 性欲論、そのフロイト以後の展開 V 生成ー分析論と母子コミュニケーション

文 献/あとがき

精神分析セミナー第 I 期の刊行を終えて/精神分析セミナー第 I 期講義内容

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

5,400円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2019年 7月号
      電子書籍大白蓮華 2019年 7月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    2. 2
      裏モノJAPAN 2019年8月号 ★特集★ 気持ち良すぎ 新快感フーゾク★令和のいま、絶滅寸前フーゾクを楽しむ
      電子書籍裏モノJAPAN 2019年8月号 ★…

      鉄人社編集部

      864円(税込)

    3. 3
      生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話
      電子書籍生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カン…

      村上世彰

      1,200円(税込)

    4. 4
      県民性マンガうちのトコでは6
      電子書籍県民性マンガうちのトコでは6

      もぐら

      1,000円(税込)

    5. 5
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      513円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ