漢法を知る
  • Googleプレビュー

漢法を知る
伊沢凡人

2,592円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年06月
  • 著者/編集:   伊沢凡人
  • 出版社:   中山書店
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  195p
  • ISBNコード:  9784521019314

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 漢法綜覧(中(国)医学の発生とわが国への影響/では、あちら(西欧)の生薬療法とは何か ほか)/第2章 和法ー中国医学や漢法と混同されやすいわが国、固有の生薬(きぐすり)療法(アルターナティブ・メディシンとしての和法/化学的領域からのアプローチ ほか)/第3章 用薬の発想ー『傷寒論』読破のための序章(用薬法と薬禍・薬害死の発生/対象療法というカテゴリーにとどまる西洋医学の用薬法 ほか)/第4章 『傷寒論』の解説(康治本『傷寒論』)/第5章 鍼・灸概説ー『医心方』巻二・鍼灸篇を軸にして(『医心方』巻二・鍼灸篇/『医心方』の経脈 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊沢凡人(イザワボンジン)
1913年、山梨県生まれ。薬物療法学者。東大医学部・生薬学教室選科卒。その後、生薬「大黄」の生体内作用機構の研究で医学博士(徳島医大、現徳島大医学部)。さらに、鍼、灸医学をも学び鍼灸師でもある。日本大学講師、東京都嘱託などを経て、現在も都下の医療用植物資源調査のかたわら、いざわ漢法ビル2Fクリニック顧問、漢法科学財団代表理事、東洋医学国際研究財団評議員、東京都生薬協会相談役などを務め、福島県安達太良山山麓に薬草園も設営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,592円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ