目からウロコの家づくり
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

目からウロコの家づくり プロがホンネで語るヒント集
えのきどまさと

1,760円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年06月
  • 著者/編集:   えのきどまさと
  • 出版社:   さんが出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  194p
  • ISBNコード:  9784880960562

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
地震に強く長持ちする家とは。高温多湿の日本の気候風土で長持ちする家を建てるには、腐れやシロアリに強い樹腫を選ぶことが大切だ。業界誌で話題のコラムが本に。

【目次】(「BOOK」データベースより)
住宅と木材、そのあるべき姿を探る/安くもなく、良質でもない住宅を買わされる/クレーム産業、万歳!/ツーバイフォーは地震に強いのか?/阪神大震災の教訓/腐りやすい家と腐りにくい家/五十年保たない家は住宅ではない/地盤・看板・鞄/住宅も木材もソフトウェア産業なのだ/不健康な健康住宅論〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
榎戸正人(エノキドマサト)
昭和28年、東京、新木場の材木問屋の四代目として生まれる。昭和53年8月、私立武蔵大学4年の在学中、日本でオープン化されたツーバイフォー工法の資材の取扱いを開始するため、(株)榎戸材木店に入社。千葉県浦安市に開設されたツーバイフォー部材センターで資材販売に従事したが、ツーバイフォー住宅の問題点を悟り、部材の取扱をやめ新木場の本社に戻り、米材原木、製品の担当となる。その後も日本の気候風土にあった住宅に関心を持ち、現在の木造住宅の在り方に疑問を呈する一方、「木の語り部」として住宅に木材を使うことの大切さを訴え続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ