本屋大賞2020
惜別改版
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

惜別 (新潮文庫 新潮文庫)
太宰 治

649円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1973年05月29日頃
  • 著者/編集:   太宰 治
  • レーベル:   新潮文庫 新潮文庫
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  400p
  • ISBNコード:  9784101006109

よく一緒に購入されている商品

  • 惜別改版
  • +
  • パンドラの匣改版
  • 惜別 (新潮文庫 新潮文庫)
  • 太宰 治

649円(税込)

在庫あり

572円(税込)

在庫あり

合計 1,221円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
仙台留学時代の若き日の魯迅と日本人学生とのこころ暖まる交遊の描写を通して、日中戦争という暗く不幸な時代に日中相互理解を訴えた表題作。“アカルサハ、ホロビノ姿デアロウカ。人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ”敗戦へとひた走る時代風潮に対する芸術家としての自己の魂を、若き頃からの理想像、源実朝に託して謳う『右大臣実朝』。太宰文学の中期を代表する2編を収める。

【目次】(「BOOK」データベースより)
右大臣実朝/惜別

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
太宰治(ダザイオサム)
1909-1948。青森県金木村生れ。本名は津島修治。東大仏文科中退。在学中、非合法運動に関係するが、脱落。バーの女と鎌倉の小動崎で心中をはかり、自分だけ助かる。1935(昭和10)年、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。この頃、パビナール中毒に悩む。’39年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚、平静をえて「富嶽百景」など多くの佳作を書く。戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し山崎富栄と玉川上水で入水自殺(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング(2020年04月07日)

     :第7163位(↑) > 文庫:第547位(↑) > 小説・エッセイ:第414位(↑)

在庫あり

残りあと8

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ペスト
      ペスト

      カミュ

      825円(税込)

    2. 2
      おこん春暦 新・居眠り磐音
      おこん春暦 新・居眠り磐音

      佐伯 泰英

      803円(税込)

    3. 3
      志村流
      志村流

      志村けん

      680円(税込)

    4. 4
      照葉ノ露 居眠り磐音(二十八)決定版
      照葉ノ露 居眠り磐音(二十八)決定版

      佐伯 泰英

      803円(税込)

    5. 5
      白の闇
      白の闇

      ジョゼ・サラマーゴ

      1,430円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ