京都、唐紙屋長右衛門の手仕事
  • Googleプレビュー

京都、唐紙屋長右衛門の手仕事 (生活人新書)
千田堅吉

734円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年07月
  • 著者/編集:   千田堅吉
  • 出版社:   日本放送出版協会
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  205p
  • ISBNコード:  9784140881514

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
桂離宮、御所、二条城などの襖にも用いられ、岡部伊都子、白洲正子、大仏次郎ら文化人も愛した唐長の唐紙。江戸時代から受け継がれた板木文様と、熟練した職人の手加減によってつくりだされる独特の色彩は、古今東西で愛され、いまも新鮮な輝きを放つ。文化財の修復から現代住宅のインテリアまで手がける十一代当主が、その美感覚とものづくりの秘密をはじめて解き明かす。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序 唐紙の「雲母」に映る「日本」と「世界」/第1章 つくり手の目線、ものづくりの原点(「手加減」が「良い加減」/江戸時代から伝わる板木と文様/唐紙の色、唐長の色/唐紙の色は暮らしのなかから)/第2章 唐紙の歴史と伝統(千年の時を超えて/唐紙屋長右衛門の創業/文化財に息づく唐紙/海を渡った唐紙)/第3章 「しつらい」としての唐紙(唐紙と明かり/唐紙の似合う空間 ほか)/第4章 唐長今昔(先代からの言い伝え/京都で一軒だけ残った唐紙屋/誰にも頼れなかった駆け出し時代/唐紙の面白さに目覚める/変わるべきもの、守るべきもの/手仕事の未来)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
千田堅吉(センダケンキチ)
唐紙屋長右衛門(唐長)十一代当主。1942年、京都府生まれ。65年、京都工芸繊維大学卒業。五年間の商社勤務を経て唐長で六年間修業したのち家業を継ぎ、現在に至る。江戸時代から守る板木は六百種類以上。桂離宮、二条城などの修復にも従事した。94年、日本伝統文化振興賞受賞。99年、国選定保存技術者に認定される。その唐紙は国内外で高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年01月11日

    京都にある唐紙屋さん「唐長」さんの11代目塔当主の千田堅吉さんが書かれた本。以前1度お店に行ってすっかり唐長さんの作品のファンになりました。読むのがとても楽しみです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

734円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      820円(税込)

    2. 2
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    3. 3
      長生き地獄
      長生き地獄

      松原 惇子

      864円(税込)

    4. 4
      イスラームの歴史
      イスラームの歴史

      カレン・アームストロング

      972円(税込)

    5. 5
      日本史の内幕
      日本史の内幕

      磯田 道史

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ