遣唐使の見た中国と日本
  • Googleプレビュー

遣唐使の見た中国と日本 新発見「井真成墓誌」から何がわかるか (朝日選書)
専修大学・西北大学共同プロジェクト

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
8世紀の唐・長安で「天の原ふりさけみれば春日なる」と望郷の想いを歌にした阿倍仲麻呂。同じ時期、異国の都で没した一人の日本人がいた。2004年秋、存在も知らなかった遣唐留学生「井真成」の墓誌発見に日本中が驚愕した。「井真成」とは誰か。長安のどこに住んでいたのか。何をしていたのか。玄宗皇帝との関係は?死因はわかるのか?誰が弔ったのか?日中の専門家が一堂に会した共同シンポジウムの激論を書籍化。最新データと考察から、一人の留学生の生きた「遣唐使の時代」を再現する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 墓誌からわかったこと・わからないこと(新発見墓誌銘文と遣唐留学生・遣唐使/井真成の墓誌を読む/遣唐留学生井真成とその出自/「井真成墓誌」と第一〇次遣唐使 ほか)/第2部 井真成の生きた時代背景(中国・西北大学の遺跡遺物からみた唐代の日中文化交流/「井真成墓誌」を書道史から読みとく/唐の外国使節儀礼と「井真成墓誌」/唐長安城における迎賓施設とゲストハウス ほか)

みんなのレビュー

  • (無題)
    のりひろ7869
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2006年07月09日

    井真成墓誌についてのまとまった本です。あの墓誌が何故大騒ぎされたのか、とりあえず抑えておきたい方は、是非一読することをお薦めいたします。最先端の研究成果が集約されておりますので、読了後、納得感が得られるものと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,512円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ