素数ゼミの謎
  • Googleプレビュー

素数ゼミの謎
吉村仁

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年07月
  • 著者/編集:   吉村仁石森愛彦
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  126p
  • ISBNコード:  9784163672304

商品説明

2005年9月号掲載
13年または17年おきに何億匹も大量発生する不思議なセミ。生態学者の吉村氏は、このセミの生態を、生物の進化の歴史をひもといて解明する。そのカギは、13と17という「素数」と「氷河時代」。小さなセミに隠された生命の神秘と数学の魅力、そして地球の歴史に、胸が躍る。(田)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アメリカに、13年、あるいは17年に一度だけ何億匹も大量発生し、数週間だけ凄い声で鳴き交わして死んでゆく、へんてこなセミがいます。どうしてそんなに長い間地中にいるの?13年と17年なのはなぜ?日本人の科学者が初めて解いた、奇妙な「素数ゼミ」の秘密。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 アメリカの奇妙なセミ(不思議な生き物、セミ/50億匹のセミ!?)/2章 小さなセミの秘密(アメリカ中がセミだらけ?/謎を解くカギは「気温」?/とてつもない時代「氷河時代」)/3章 セミの歴史を追って(祖先ゼミの受難/不幸中の幸い「レフュージア」/奇妙な性質のはじまり)/4章 素数ゼミの登場(13と17の秘密/「素数ゼミ」の登場/魔法の数字の不思議)/5章 そして、現代へ(長い旅の末に/終わりにー「進化」ってなんだろう)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉村仁(ヨシムラジン)
1954年生まれ。ブリティッシュ・コロンビア大学研究員、インペリアル・カレッジ個体群生物学センター研究員、千葉大学客員教授などを経て、静岡大学工学部教授およびニューヨーク州立大学併任教授。数理生態学が専攻で、進化理論を研究している。セミのほかにも、さまざまな動物の行動を進化的な数理モデルで解析し、多くの研究論文を発表している

石森愛彦(イシモリヨシヒコ)
1958年生まれ。イラストレーター。桑沢デザイン研究所グラフィックデザイン研究科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(73件)

総合評価
 4.11

ブックスのレビュー

  • 雑学の一助となる、セミの本
    にととら
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年01月13日

    17年に1度、13年に1度、アメリカで大量発生するセミ。
    なぜ、17とか13とかの素数の年に大発生するのか。
    分かりやすく解説されている。
    楽しいイラストもあり、大人から小学校高学年まで、楽しめる科学の本。

    2人が参考になったと回答

  • 公文のすいせん図書
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年09月27日

    一家で生き物好き、また公文に通っているので、すいせん図書として入っていたこちらを購入しました。
    低学年でも読みやすいかも。
    まだ途中ですが、本好き、虫好きにオススメです。

    0人が参考になったと回答

  • 素数
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年04月15日

    素数は物理と数学のどちらも含みかつまだ全容が明らかになっていないものらしい。子供に素数に興味をもってもらおうと購入。
    挿し絵も沢山あって読みやすい

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年01月07日 - 2019年01月13日)

     :第-位( - ) > 絵本・児童書・図鑑:第3539位(↑) > その他:第642位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ