本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

チョウの羽はなぜ美しい? 昆虫観察Q&A
矢島稔

1,540(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ドクトル・ムッシー矢島稔先生が答える昆虫なんでも質問箱。

目次(「BOOK」データベースより)

ミツバチが脚につけているものは?/チョウはなぜ水を吸う?/チョウとガの違いはどこ?/ホタルはなぜ光るのですか?/トンボのこのポーズはなに?/カメムシはなぜ臭い?/ナナフシはなぜ化ける?/アゲハチョウの見分け方は?/カミキリムシと松枯れの関係は?/樹液酒場で強いのは?〔ほか〕

著者情報(「BOOK」データベースより)

矢島稔(ヤジマミノル)
昆虫学者。1930年東京生まれ。東京学芸大学卒業。中学生のころから昆虫観察を始める。1961年、東京都多摩動物公園に勤務。1964年、雑誌『インセクタリウム』創刊。1980年、日本博物館協会・棚橋賞受賞。1987年、多摩動物公園園長となり、1988年「昆虫生態園」をオープン。1991年、文部大臣表彰受賞。1998年、『わたしの昆虫記(1)黒いトノサマバッタ』で小学館児童出版文化賞受賞。1999年より群馬県立「ぐんま昆虫の森」(2005年8月オープン)園長

宮沢輝夫(ミヤザワテルオ)
読売新聞記者。1972年東京生まれ。昆虫少年として育ち、ハチ類の採集や観察を行う。愛媛大学法文学部に入学後、昆虫写真を撮り始める。同大在学中の1995年、小説「ハチの巣とり名人」で第7回舟橋聖一顕彰青年文学賞を受賞。読売新聞入社後、山形版に「山形昆虫記」を連載。日本産チョウ全種の撮影をライフワークにしている。日本自然科学写真協会、日本鱗翅学会、日本蝶類学会、日本チョウ類保全ネットワークの各会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ