日本語の「配慮表現」に関する研究
  • Googleプレビュー

日本語の「配慮表現」に関する研究 中国語との比較研究における諸問題 (彭飛研究書シリーズ)
彭飛

14,040円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年10月
  • 著者/編集:   彭飛
  • レーベル:   彭飛研究書シリーズ
  • 出版社:   和泉書院
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  611p
  • ISBNコード:  9784757603363

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
文化・経済摩擦の国際化時代における配慮表現。日本語の「配慮表現」は外国人にとって「敬語表現」よりも難しい。日本人の繊細な心遣いのこもった「配慮表現」は「気遣いの美」でありながら、反面、国際舞台での文化摩擦・経済摩擦を発生させる原因となることも少なくない。中国語を母語として育った著者は、「配慮表現」を現代日本語の重要な特色の一つとする立場から、各種の調査に基づき、そのさまざまな様相や特徴的形式を整理・記述して、体系化を試みる研究を行ってきた。本書は「これからの日本語」「国際化時代の日本語」を考える上でも重要な示唆を与えてくれる好著である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 序論・日本語の「配慮表現」(気配り表現)研究の枠組みについて/第2部 「配慮表現」(気配り表現)における「緩和表現」について/第3部 「配慮表現」(気配り表現)における「受益表現」について/第4部 「配慮表現」(気配り表現)における「プラス価値付加表現」について/第5部 「配慮表現」(気配り表現)における「心地よい気分表現」(気分をよくさせる表現)について/第6部 終論・中国語と日本語の「配慮表現」に関する諸問題について

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
彭飛(ポンフェイ)
1958年中国上海生まれ。中国復旦大学卒業。1984年来日。1993年3月大阪市立大学大学院文学研究科博士後期課程(国語国文学専攻)修了、博士(文学)学位取得。日本学術振興会特別研究員、国際日本文化研究センター客員助教授、京都外国語大学助教授を経て京都外国語大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

14,040円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ