本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治

アジア太平洋戦争の意義 ─日米関係の基盤はいかにして成り立ったか─
杉田 米行 編著

3,850(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2005年12月15日頃
  • 著者/編集:   杉田 米行 編著(著)
  • 出版社:   三和書籍
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  276p
  • ISBN:  9784916037916

商品説明

内容紹介(出版社より)

日米関係はいかにして成り立ったか。アジア太平洋戦争終結60周年、日本社会はいま大きく転換している。現在の平和国家日本のベースとなった安全保障・憲法9条・社会保障体制など日米関係の基盤を再検討する。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

アジア太平洋戦争終結60周年。日本社会はいま大きく転換している。現在の平和国家日本のベースとなった安全保障・憲法9条・社会保障体制など日米関係の基盤を再検討する。

目次(「BOOK」データベースより)

1章 政党内閣制とアジア太平洋戦争ー政権交代をめぐる政治改革の行方/2章 太平洋問題調査会(IPR)とアジア太平洋戦争への道程ー平和の模索論議を中心として/3章 アジア太平洋戦争後の初期医療保険構想の意義/4章 占領・講和期の安全保障ー吉田茂の再軍備政策、1945-1954年/5章 アジア太平洋戦争と日米安保体制/6章 戦後の日本における米政府のパブリック・ディプロマシーの意義

著者情報(「BOOK」データベースより)

杉田米行(スギタヨネユキ)
大阪外国語大学アメリカ講座助教授

片桐庸夫(カタギリノブオ)
群馬県立女子大学国際コミュニケーション学部教授

菅英輝(カンヒデキ)
西南女学院大学教授

楠綾子(クスノキアヤコ)
大阪大学国際安全保障政策研究センター研究員

熊谷俊樹(クマガイトシキ)
京都外国語大学助教授。国際交流部長・留学生会館長

村井良太(ムライリョウタ)
駒澤大学法学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2024年 3月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 3月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    2. 2
      ある行旅死亡人の物語
      電子書籍ある行旅死亡人の物語

      武田惇志

      1,760円(税込)

    3. 3
      きみのお金は誰のため
      電子書籍きみのお金は誰のため

      田内学

      1,650円(税込)

    4. 4
      反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
      電子書籍反応しない練習 あらゆる悩みが消えてい…

      草薙龍瞬

      715円(税込)

    5. 5
      林陵平のサッカー観戦術
      電子書籍林陵平のサッカー観戦術

      林陵平

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ