本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

反戦平和の手帖 あなたしかできない新しいこと (集英社新書)
喜納昌吉

770(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

平和でいるために武力は必要という前提の下、戦争を限定的に肯定する論理を「正戦論」という。この考え方が、各国の法制度や国際法の基盤となり、反戦平和を嘲笑う現実主義者たちの論拠ともなっている。しかし、彼らの常識は、ほんとうに「現実的」なのだろうか?本書では、沖縄の悲劇を直視しつづける音楽家と、元アメリカ海兵隊員の政治学者という異色コンビが、自らの来歴を振り返りながら、第二次世界大戦後のアメリカ、日本、沖縄における既存の運動のあり方を具体的に検証していく。着実に進行しつつある滅亡の現実に抵抗するための、一般常識としての反戦平和。

目次(「BOOK」データベースより)

「現実的な戦争」は存在するか?/第1部 戦後六〇年を語る(ハイサイおじさんと戦争の狂気ー喜納昌吉が見た戦後世界(〜一九七二年、沖縄復帰まで)/「戦争をしません」から「戦争は禁止されています」までーダグラス・ラミスが見た戦後世界(〜一九七二年、沖縄復帰まで)/二〇世紀の社会運動を振り返るー沖縄の本土復帰以後)/第2部 私たちに何ができるか(もう間にあっていない問題の解決策/一般常識としての反戦平和)

著者情報(「BOOK」データベースより)

喜納昌吉(キナショウキチ)
1948年、沖縄生まれ。音楽家、参議院議員。代表曲に「ハイサイおじさん」「花〜すべての人の心に花を〜」など

ラミス,C.ダグラス(Lummis,Charles Douglas)
1936年、サンフランシスコ生まれ。政治学者。元津田塾大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 4.50

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    真夜中のかすみ草
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2006年04月29日

    結構分厚い対談集。中身も濃いが、何で民主党なのかがわかるようでわからない。相手の外人も正体不明だが、主義主張には同感。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ