世界共和国へ
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

世界共和国へ 資本=ネーション=国家を超えて (岩波新書)
柄谷行人

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 世界共和国へ 資本=ネーション=国家を超えて 821円
紙書籍版 世界共和国へ 885円

商品基本情報

  • 発売日:  2006年04月
  • 著者/編集:   柄谷行人
  • レーベル:   岩波新書
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  228p
  • ISBNコード:  9784004310013

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「資本=ネーション=国家」という接合体に覆われた現在の世界からは、それを超えるための理念も想像力も失われてしまった。資本制とネーションと国家の起源をそれぞれ三つの基礎的な交換様式から解明し、その接合体から抜け出す方法を「世界共和国」への道すじの中に探ってゆく。二一世紀の世界を変える大胆な社会構想。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序 資本=ネーション=国家について(理念と想像力なき時代/一九世紀から見た現在)/第1部 交換様式(「生産」から「交換」へ/「交換」の今日的意味 ほか)/第2部 世界帝国(共同体と国家/貨幣と市場 ほか)/第3部 世界経済(国家/産業資本主義 ほか)/第4部 世界共和国(主権国家と帝国主義/「帝国」と広域国家 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柄谷行人(カラタニコウジン)
1941年生まれ。評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(35件)

総合評価
 3.57

ブックスのレビュー

  • (無題)
    真夜中のかすみ草
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2006年05月26日

    柄谷ファンにはたまらない一冊。マルクス主義の地平を乗り越え、突き抜けた思想本。カントを評価してるのも良し。ヘーゲルよりも現代向き。国連の再構築も射程に入ってる。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    k.s.h.
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年05月08日

    未来の可能性を信じる人に。お勧めします。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    関本洋司
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年04月24日


    柄谷行人はまずチョムスキーを援用し(p4)、
    国家 ネーション
    資本 アソシエーション
    という4種類の交換図を『トランスクリティーク』に引き続き再解説している(p5,9)。
    そこに、
    不平等←→平等
    統制


    自由、
    といったベクトルが加わったため、資本/ネーション/国家/アソシエーションという4つの要素の位置付けが恣意的でないものとして理解できるようになった(p5,9,22,39)。
    プルードンに関する記述では、国際政治(フェデレーション=連合の原理を提唱した)に関して考察したことが触れられていないため、プルードンが国家を内側からしか考えていないということになってしまっている(p194)。プルードンのいう「真実社会」(p190)はまた、疎外論と一緒には出来ない。なぜならプルードンにとっては政治、経済、宗教の三要素がアソシエーション内部(=真実社会)にアウフヘーベンされずに残っているからである。
    さらに、プルードンは交換銀行を国営で行うために議員となったことが重要であり、経済的革命(こちらの方が社会革命よりも用語的にわかりやすい)を目指す視点は一貫していたと考えるべきだ。
    とはいえ、プルードンとマルクスを安易に対立させていない点や(p191)、プルードンの社会契約をプルードンが徹底化したとする評価(p187)は的確だと思う。
    さらに、
    ウェーバー(p90.124)、ウィットフォーゲル(p34)のラインを加えたことで、国家への視点が明瞭化し、マルクスの立場が比較的相対化された。。
    また、クラストル(p42)、サーリンズ(p46)、ポランニー(p49.83)への言及で、文化人類学的な互酬的交換の位置づけがはっきりした。
    アダム・スミス(p168)、アンダーソン(p164)についての言及でネーションのねつ造をめぐる説明も明瞭になった。
    モンテスキューの名前を出したので、「くじ引き」=民主主義説の説得力が増した (p54)。
    といった点が指摘できる。
    一言で言えば、全体的にコンパクトでわかりやすくなった点が何よりの収穫であろう。『原理』のような実効性はないが、この書の浸透は確実に世界を変えるだろう。初学者には参考文献一覧や索引があればと親切かとも思う。さらに、記述としてはガンジー等の具体例が加わればもっとわかりやすくなるのだろうが、それは読者個人個人の課題だと思う。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと6

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ