不思議を眼玉に入れて
  • Googleプレビュー

不思議を眼玉に入れて 粟津潔横断的デザインの原点
粟津潔

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年04月
  • 著者/編集:   粟津潔
  • 出版社:   現代企画室
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  230p
  • ISBNコード:  9784773806045

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本を代表するデザイナー粟津潔の少年時代の記憶。独学で学んだ彼にとって、街が教師であり、眼にした不思議やさまざまな出会いが題材であった。少年時代の体験は、ジャンルを超えた粟津デザイン・横断的アートの原点なのである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
不思議なイチョウの木の下で/二番目の不思議「寓」という文字/父との出会いは、四枚の写真だった/街は先生のようでした/ピンク色したウサギの子と新屋のコーチャン/つながり乞食の歌/学校の成績が、ガタガタに落ちた/赤マントとだまされた万年筆/裏切られた馬のこと/オチンチンが真っ赤にはれあがった〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
粟津潔(アワズキヨシ)
1929年東京都目黒区目黒本町に生まれる。絵画・デザインを独自で学び、1955年日本宣伝美術会展・日宣美賞受賞、1958年世界フィルムポスターコンペランス最優秀賞などを経て、1969年粟津デザイン研究室(現(有)粟津デザイン室)設立。グラフィックデザイナーとしてデザインの第一線で活躍する傍ら、建築・音楽・文学・映像などさまざまなジャンルを超えたアーティストらとともに都市設計・博覧会設計・映画制作なども行い、その活動・作品暦、及び発表は多岐に渡る。1997-98年には、ポーランド共和国・4都市4国立美術館にて大回顧展を開催。近年ではデザインの原点である視覚伝達(ビジュアルコミュニケーション)に着眼し、象形文字・ロックアートなどを追究し、さまざまな方法を用いて発表を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,944円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ