本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 写真集・タレント > その他

At home 上田義彦写真集
上田義彦

4,950(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2006年06月
  • 著者/編集:   上田義彦
  • 出版社:   リトル・モア
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  1冊(ペ
  • ISBN:  9784898151709

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

夢のようで、どこにでもある幸福ー胸を締めつける、小さなほほえみの数々。写真家は、二度とない大切な時間に魔法をかけ、永遠の中に封じ込めた。妻・桐島かれんの日記を抄録。上田義彦写真集、13年間の家族の記憶。

著者情報(「BOOK」データベースより)

上田義彦(ウエダヨシヒコ)
1957年生まれ。ポートレイトやファッションフォトを発表する一方、80年代より広告写真の世界へ活動の場を広げる。サントリーウーロン茶のCMなど印象深い作品を数多く送り出し、ニューヨークADC賞金賞、カンヌグラフィック銀賞、東京ADC賞最高賞等受賞多数。また、森や花、建築、ポートレイト等、広告以外の作品も発表し続け、展覧会や写真集にまとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(35件)

総合評価
 4.68

ブックスのレビュー(15件)

  • 美しい家族の幸せのかたち
    お野良
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年11月02日

    上田義彦氏の写真集。妻の桐島かれんさんと子供たちを撮影したものだ。かれんさんが1993から2005年の間、上田氏と4人の子供たちのために捧げた幸せな日々を切り取った写真集。
    桐島かれんさんの「ホームスイートホーム」によると、かれんさんは結婚するときに「かれんさんの写真を一生撮りたい」と言われたのだとか。でも、撮られていた実感もなく写真になったものも見ていない。それがある日、上田氏が怒涛のように数千枚の写真を焼き始め…、できたのがこの写真集。感動的な話だ。
    かれんさんは、最近新聞で読んだところによると、お母様の洋子さんは破天荒で子供らを放っておいて1年間の放浪の旅に出てしまうような人。それを反面教師にして子育てに集中したかったのだとか。
    かれんさんは4人も=写真1=を産んで育てているが、その一人ひとりに与える眼差しがとても優しく聖母の様=写真2。時には強く=写真3=、時には温かく、時にはともにはしゃぎ、見ているこちらも、かれんさんの母性に包まれて幸福な気持ちになってきくる。
    モノクロ・カラーの写真。かれんさんの日記の一部も掲載されている。
    心が浄化される魔法のように美しい家族の幸せのかたちが見える。

    1人が参考になったと回答

  • お客さんになってアルバムを見る
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2014年07月08日

    逗子の初めの方の写真が素敵ですね。写真集と期待をしてましたが、アルバムを見せて貰ってる感じでした。かなり厚いずっしりした昔のアルバムを捲るよう。子供達の笑顔がパワーなんだな、と思えます。四人目になると、たまにカラーになったりお家が変わったり色々忙しくなったのか写真が減った、て感じで良くありがちなパターンになってしまって残念。これだとお値段高い気が。期待し過ぎたのかなぁ。ほろっと涙が出る写真もありましたが。

    0人が参考になったと回答

  • 写真集 リラックス
    yoshikirx78
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年02月28日

    「こんな家族のアルバムが欲しい!!」
    そう思わせてくれる、とっても温かい写真集です。
    あるギャラリーで見せていただき、つい欲しくなって、即注文してしまいました。
    写真家である前に、夫として、父親としての優しいまなざしを感じて、見ているだけで幸せな気持ちになります。
    自分も、こんな家族写真が造っていけたらいいな、と思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ