性同一性障害の社会学
  • Googleプレビュー

性同一性障害の社会学
佐倉智美

1,980円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年05月
  • 著者/編集:   佐倉智美
  • 出版社:   現代書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  213p
  • ISBNコード:  9784768469217

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
オチンチンがある子はなぜ男の子なのか?性同一性障害の当事者であり、研究者である著者が最新の研究成果をもとに“性別”をめぐるさまざまな問題を目からウロコの納得分析。最も分かりやすいトランスジェンダー学入門。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 社会現象としてのトランスジェンダー(トランスジェンダーの現状/ジェンダー秩序・ジェンダー体制とトランスジェンダー/トランスジェンダーをめぐる言説と疑問/トランスジェンダーから見えてくるジェンダー)/第2部 学際的トランスジェンダー考(「性同一性障害者性別特例法」に見る現代日本の“性の多様性”事情/「性同一性障害」は障害か?-性の多様性の臨床社会学的考察/レイベリング論で考察する「性同一性障害」-ジェンダー規範からの逸脱と精神疾患の間/幼児教育と学校ジェンダー問題ー「性同一性障害」は学校でつくられる!? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐倉智美(サクラトモミ)
1964年、関西生まれ。幼いころより自分の「男」という性別に違和感を覚え、1997年、自分らしく生きることを求め、社会的・文化的性別を「女」へと転換。講演・講義は、三重大学「性の多様性概論」(平成14年度)、日本女性会議2003大津をはじめ、多数。2005年3月、大阪大学大学院人間科学研究科修了(修士号取得)。2004年6月よりNPO法人「SEAN」理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 3.8

ブックスのレビュー

  • 辛いです
    0678374
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年10月18日

    自分が性同一性障害なので、このような本は読みます。
    とても参考になる本でした。
    病気に悩み、辛く苦しいですが、しっかりと生きて行かないとダメだと感じます。
    早く、完全な女の子になりたい。。。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      子育てベスト100
      子育てベスト100

      加藤 紀子

      1,650円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】世界はもっと!ほしいモノにあふれてる 〜バイヤーが教える極上の旅〜(1)
      【入荷予約】世界はもっと!ほしいモノに…

      NHK「世界はほしいモノにあふれてる」制…

      1,705円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】思考の整理学
      【入荷予約】思考の整理学

      外山 滋比古

      572円(税込)

    4. 4
      なぜ僕らは働くのか
      なぜ僕らは働くのか

      池上彰

      1,650円(税込)

    5. 5
      なぜ日本のジャーナリズムは崩壊したのか
      なぜ日本のジャーナリズムは崩壊したのか

      望月 衣塑子

      968円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ