本・雑誌在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
日本のいちばん長い日決定版(文春文庫)[半藤一利]
  • Googleプレビュー

日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)
半藤 一利

6位 人文・思想・社会部門 楽天ブックス週間ランキング(2021年02月15日-2021年02月21日)ランキングを見る

770(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昭和二十年八月六日、広島に原爆投下、そして、ソ連軍の満州侵略と、最早日本の命運は尽きた…。しかるに日本政府は、徹底抗戦を叫ぶ陸軍に引きずられ、先に出されたポツダム宣言に対し判断を決められない。八月十五日をめぐる二十四時間を、綿密な取材と証言を基に再現する、史上最も長い一日を活写したノンフィクション。

【目次】(「BOOK」データベースより)
十四日正午ー午後一時ー“わが屍を越えてゆけ”阿南陸相はいった/午後一時ー二時ー“録音放送にきまった”下村総裁はいった/午後二時ー三時ー“軍は自分が責任をもってまとめる”米内海相はいった/午後三時ー四時ー“永田鉄山の二の舞いだぞ”田中軍司令官はいった/午後四時ー五時ー“どうせ明日は死ぬ身だ”井田中佐はいった/午後五時ー六時ー“近衛師団に不穏の計画があるが”近衛公爵はいった/午後六時ー七時ー“時が時だから自重せねばいかん”蓮沼武官長はいった/午後七時ー八時ー“軍の決定になんら裏はない”荒尾軍事課長はいった/午後八時ー九時ー“小官は断固抗戦を継続する”小園司令はいった/午後九時ー十時ー“師団命令を書いてくれ”芳賀連隊長はいった/午後十時ー十一時ー“斬る覚悟でなければ成功しない”畑中少佐はいった/午後十一時ー十二時ー“とにかく無事にすべては終った”東郷外相はいった/十五日零時ー午前一時ー“それでも貴様たちは男か”佐々木大尉はいった

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
半藤一利(ハンドウカズトシ)
昭和5(1930)年、東京に生れる。作家。28年、東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役、同社顧問などを歴任。平成5(1993)年「漱石先生ぞな、もし」で新田次郎文学賞、平成10年「ノモンハンの夏」で山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(150件)

総合評価
 4.28

ブックスのレビュー

  • 戦争終結の物語
    NOBU0687
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年11月29日

    ポツダム宣言受諾から天皇の玉音放送に至るまでの日本の政府や陸軍内部での出来事を細かく知ることができる。
    私は映画で見本の一番長い日を見たが三船敏郎の迫真の演技はまさにあの当時を再現され阿南陸相のイメージに好感をもった。
    戦争が今となっては遠い昔と思う人もいるだろうが、日本のために命をかけている軍人の心がさまざまな立場の人によってうかがえる。
    今の日本に当時の終戦を決意し行動できる政治的リーダーはいるだろうかと思うと疑問である。
    近代史が好きな自分の新たな知識を得る一冊だった。

    4人が参考になったと回答

  • むしろ小説に近い
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2011年10月17日

    実際に何が起きたのか、誰がどういう行動・発言をしたのか、ということを知りたくて読んだのですが、そしてそういう役割は果たしていると思うのですが、書き方がかなり小説寄りなのは予想外でした。
    例えばコーネリアス・ライアンやジョン・トーランド、コリンズ&ラピエールといった人たちの第二次大戦ノンフィクションに比べるとはるかに感傷的です。
    「歴史は涙によって新たに書き変えられつつあった」なんて、殆ど講談です。
    各人物の人間味が感じられるのは良いのですが、当事者の心情みたいなことまで書かれていると「それは本人に取材できたのか?」という疑問が出てきます。
    そもそもこの本がどういう経緯で作られたのか、誰に取材できたのか、できなかったのか、といったことが殆ど書かれていないので、読んでいて落ち着きません。
    元になったという座談会の再現ドラマ『日本のいちばん長い夏』でも見れば少しはわかるのでしょうか。
    また、異説のある点については章末に注釈があるのですが、本文では単純に「こうだった」という書き方をしているのも、「流れ」を中断させたくない、という小説家の考え方から来ているように感じました。
    というように気になる点はあるのですが、敗戦前後の出来事に興味のある人なら興味深く読めると思います。

    4人が参考になったと回答

  • (無題)
    tike472
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年08月30日

    このタイトルを見て「あれ?大宅壮一が書いたんじゃなかったの?」と思った人も多いと思います。実はこれ、半藤氏が文芸春秋社の社員時代に書いて、大宅壮一の名前を借りて「大宅壮一編」として出版したものだったそうです。半藤氏曰く「出版時のミスなどを修正し、新たな事実を盛り込んだ完全版」だということです。

    4人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】ネメシス1
      【予約】ネメシス1

      今村 昌弘

      759円(税込)

    2. 2
      美しいものを見に行くツアーひとり参加
      美しいものを見に行くツアーひとり参加

      益田 ミリ

      649円(税込)

    3. 3
      オーストリア滞在記
      オーストリア滞在記

      中谷 美紀

      825円(税込)

    4. 4
      グリーンピースの秘密
      グリーンピースの秘密

      小川 糸

      605円(税込)

    5. 5
      小説 BATTLE OF TOKYO vol.1
      小説 BATTLE OF TOKYO vol.1

      月島 総記

      704円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ