存在の秋
  • Googleプレビュー

存在の秋 (講談社文芸文庫)
前登志夫

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年09月
  • 著者/編集:   前登志夫
  • レーベル:   講談社文芸文庫
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  262p
  • ISBNコード:  9784061984547

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ムササビ飛び交い、魑魅ざわめく夜。かすかな風がそよぎ、杉木立ちに木洩れ日の射す昼。古代、そして中世の古俗・伝承に色濃く隈取られた霊異の地・吉野に生まれ育ち、暮らし続ける現代短歌界の巨匠が、静かな生活の中で、四季の移ろい、花鳥の奥に山河慟哭の声を聴く。現代文明の中で見失った人間の魂を呼び覚ます山住みの思想と、詩心溢れる好随筆集。-いったい人間存在のゆたかさとは何であろうか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 吉野日記抄(冬の火/山の新春、山の伝承/ささやかな晴耕雨読 ほか)/2 存在の秋(存在の秋/山人の意識の半球/交霊の密儀 ほか)/3 帰鳥のかなたに(黒潮の霊異/暮しの臍の緒/早春の記 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
前登志夫(マエトシオ)
1926・1・1〜。歌人。奈良県吉野郡生まれ。同志社大学中退。1945年入隊。戦後各地を遍歴し、51年吉野に帰山。林業のかたわら柳田國男、折口信夫に親しむ。48年頃より詩作を始め、56年詩集『宇宙駅』を刊行。詩人として出発するが、前川佐美雄に出遭い作歌活動を始める。その歌は、土俗・民俗的自然観・人間観が抒情の基調となっている。67年から歌と民俗の研究集団「山繭の会」を主宰。80年歌誌「ヤママユ」創刊。日本芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ