エントリー&楽天ブックスで1,000円以上購入した方へマックフライポテトをプレゼント!
インテリジェンス武器なき戦争
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

インテリジェンス武器なき戦争 (幻冬舎新書)
手嶋龍一

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年11月
  • 著者/編集:   手嶋龍一佐藤優
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  230p
  • ISBNコード:  9784344980112

商品説明

スパイは、小説や映画の中だけに存在するものではない。現実の国際政治の舞台で、夥しい情報を精査・分析しぬいた一級の情報【インテリジェンス】を時の為政者にそっと耳打ちしているのだ。その情報こそが戦争を引き起こしも、回避させもする。はたして昨今、日本の弱腰外交は、明らかにインテリジェンスの欠如を露呈し、今、国家存亡の危機にある。「インテリジェンス大国・日本」の復活に向けて、二人の気鋭が知の応酬を繰り広げる!
幻冬舎新書特集はこちら

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京のインテリジェンス市場は今、沸き立っている。北の独裁国家が核実験に踏み切ったのを機に、情報大国は第一級のインテリジェンス・オフィサーを日本に送りこんでいる。彼らの接触リストのトップには本書の著者名が常にある。情勢の見立てを誤ったことも、機密を漏らしたこともないからだ。極東発のインテリジェンスは対日戦略の骨格となる。武器なき戦いの幕はあがった。情報大国ニッポンの誕生に向けた驚愕のインテリジェンス入門書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 インテリジェンス・オフィサーの誕生(インテリジェンスは獣道にあり/情報のプロは「知っていた」と言わない ほか)/第1章 インテリジェンス大国の条件(イスラエルにおける佐藤ラスプーチン/外務省の禁じ手リーク発端となった「国策捜査」 ほか)/第2章 ニッポン・インテリジェンスその三大事件(TOKYOは魅惑のインテリジェンス都市/七通のモスクワ発緊急電 ほか)/第3章 日本は外交大国たりえるか(チェチェン紛争ーラスプーチン事件の発端/すたれゆく「官僚道」 ほか)/第4章 ニッポン・インテリジェンス大国への道(情報評価スタッフー情報機関の要/イスラエルで生まれた「悪魔の弁護人」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
手嶋龍一(テシマリュウイチ)
外交ジャーナリスト・作家。NHKワシントン特派員として東西冷戦の終焉に立会い、『たそがれゆく日米同盟』『外交敗戦』(ともに新潮文庫)を執筆。これらのノンフィクション作品が注目され、ハーヴァード大学国際問題研究所に招かれる。その後、ドイツのボン支局長、ワシントン支局長を経て2005年、NHKから独立。上梓したインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』(新潮社)はベストセラーに

佐藤優(サトウマサル)
日本外務省切っての情報分析プロフェッショナル。英国の陸軍語学学校でロシア語を学び、その後在ロシア日本国大使館に勤務。モスクワ国立大学哲学部で弁証法神学を講義した。2002年、背任と偽計業務妨害の容疑で逮捕され、現在起訴休職中。この逮捕劇を「国策捜査」として地検特捜部を糾弾した『国家の罠ー外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社、毎日出版文化賞受賞)は、大きな波紋を呼んだ。近著に『自壊する帝国』(新潮社、新潮ドキュメント賞受賞)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    インチキトレーダー
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年01月26日

    当初私は内容を若干誤解していた部分があったものの、読み出すと止まらないな・・・というのが読後感。少なくとも悪い本ではない。どこまでが本当なのか?と考えさせられるが、ひとつだけ確実なことは社会においてこの手の「職人」のカテゴリーに属すると思われる人が確実に減っているんだろうということ。市井に野放しにするには惜しい2人なんですけどねえ、どうにかならないのでしょうか。

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年12月26日

    面白いの一言。これならちょっとした待ち時間にも気軽に読めます。でも内容は恐ろしい程濃いです。

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    harada0909
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年05月08日

    戦前は対外情報機関の内部の人材の能力も高かったのに戦後日本の情報収集機関が国際的に劣っていることを痛切に解らせてくれる一冊です。
    読んでみる価値はあります。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

799円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      世界一美味しい煮卵の作り方
      世界一美味しい煮卵の作り方

      はらぺこグリズリー

      972円(税込)

    2. 2
      東大から刑務所へ
      東大から刑務所へ

      堀江貴文

      885円(税込)

    3. 3
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    4. 4
      日本二千六百年史
      日本二千六百年史

      大川周明

      1,188円(税込)

    5. 5
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ