本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
黄金の灰
  • Googleプレビュー

黄金の灰 (創元推理文庫)
柳広司

802円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年11月
  • 著者/編集:   柳広司
  • レーベル:   創元推理文庫
  • 出版社:   東京創元社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  390p
  • ISBNコード:  9784488463021

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1873年、オスマン・トルコの辺境、ヒッサルリクの丘。シュリーマンは、伝説の都市トロイアがこの地に実在したことを証明する、莫大な黄金を発見した。しかし、それをきっかけに、シュリーマン夫妻の周囲で不可解な事件が続発するー。混沌と緊迫の世界で繰り広げられる推理合戦の果てに、シュリーマンがくみ取った驚愕の論理とは?鬼才のデビューを飾った傑作本格ミステリ。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柳広司(ヤナギコウジ)
1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』を刊行しデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(11件)

総合評価
 3.09

ブックスのレビュー

  • kayoko0051
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2009年05月30日

    トロイアの遺跡を発見したシュリーマンが主人公。1873年、「イーリアス」に記述されるトロイアが実在したことを証明する「プリアモスの黄金」(トロイアの黄金)を発見したという歴史上の事実が下敷きとなっている。
    その「プリアモスの黄金」を見つけた日から事件が連続して起こる。不審火、消えた黄金、惨殺死2件・・・。
    シュリーマン、その妻ソフィア、アメリカ副領事カルヴァート、旅行者ブラウン、現地の修道士ヨナ等々、一筋縄ではいかない登場人物だらけ。
    意味ありげな描写が続き、これが伏線なのか、誰が犯人なのか、本人の妄想なのか実際に起こった事実なのか、混沌とした状態に頭がぐらぐらする・・・。
    デビュー作にしてはこなれているが、デビュー作らしい発散(あれもこれも書きたい)も見られ、完成度は高くなくて、これを最初に読んだらいまの柳フィーバーはなかったかも。
    いや、十分面白いんですけどね、きっといまの作者だったらもっと面白くできたんだろうな〜、そのバージョンを読みたい、と思ってしまう。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

802円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      小説 天気の子
      小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    2. 2
      【予約】よみがえる変態
      【予約】よみがえる変態

      星野 源

      648円(税込)

    3. 3
      凍結捜査
      凍結捜査

      堂場 瞬一

      950円(税込)

    4. 4
      さがしもの
      さがしもの

      角田光代

      529円(税込)

    5. 5
      これは経費で落ちません! 6 〜 経理部の森若さん 〜
      これは経費で落ちません! 6 〜 経理部の…

      青木 祐子

      615円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ