レネット
  • Googleプレビュー

レネット 金色の林檎
名木田恵子

1,320円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2006年12月
  • 著者/編集:   名木田恵子
  • 出版社:   金の星社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  175p
  • ISBNコード:  9784323063232

商品説明



震災後、何気なく手に取った本で、読み始めてみたら、チェルノブイリのことが出てきて驚きました。

その頃、政府発表では福島の事故はレベル5でチェルノブイリほどの規模ではないと言われていました。

今ほどの情報もなく読んだ時だったのですが、日本でこうして事故が起きてみると、チェルノブイリの事故のことを全く知らなかったのだと思いました。

この話は、12歳で死んだ兄・海飛の死の悲しみがまだ癒えない家族の元へ、ベラルーシから保養に来るセリージョという少年を引き受けることになったというところから始まります。

子どもが一人亡くなって哀しみに暮れる家族に、一か月だけ少年が来ることで家族は再生されるのか?

兄が亡くなったこと、兄が死ぬよりも自分が死んだ方がよかったのではないかと考えるみかの悲しい思い。

読んでいると、それぞれの哀しみが感じられて、心にヒリヒリとした痛みを感じました。

思春期は自分の心のうちがどんな気持ちと表現できないもどかしさがあります。

時間が経てばあの時はこうだったのだと、気持ちが明確化できるのに。

人の心の中には、いろんな後悔があり、時間が経ってあああの時はとわかることで、その傷が癒える時があると思います。

家族の死での傷は、放射能汚染でおった傷は、いつかは癒えることがあるのでしょうか。

一つだけわかっていることは、そんな中でも私たちは生き続けていかなくてはいけないということ。

生きるって切なくも悲しいと思います。(はなびやさん 40代・愛知県 男の子9歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
チェルノブイリ原発事故の前日に生まれた徳光海歌。十二歳で死んだ兄・海飛、一身に息子の死を背おって生きる父、父を責める母。その徳光家に原発被災者の少年セリョージャがやってくる。一家におきる小波。不器用な家族の哀しみを北海道の海と大地がうけとめて、やがて家族の絆へとかえていく。けがれなき林檎への祈りとともにー。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
名木田恵子(ナギタケイコ)
東京生まれ。文化学院卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ