本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > 語学・学習参考書

日本語はなぜ美しいのか (集英社新書)
黒川 伊保子

880(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2007年01月17日頃
  • 著者/編集:   黒川 伊保子(著)
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  200p
  • ISBN:  9784087203745

商品説明

内容紹介(出版社より)

“語感"の重要性に着目した画期的日本語論!
脳とことばの関係から探るユニークな日本語論。日本語は、母音を主体に音声認識する世界的にみても珍しい言語である。この日本語の特殊性を分析することで、国語、英語教育の諸問題を論じていく。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「発音体感」つまり言葉の語感の大切さに着目した画期的な日本語論である。日本語はなぜ美しいのか。実は、母音を主体に音声認識する言語は、世界的にみても日本語とポリネシア語のみであり、その他の欧米及びアジア諸語は、すべて子音主体で音声を認識している。日本語は希有な言語なのである。本書は、この日本語の特殊性をふまえて、情緒の形成という観点から、ある個体の脳が最初に獲得する言語である母語の重要性と早期英語教育の危険性を説き、風土と言語の関わりから言葉の本質に迫っていく。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 母語と母国語/第2章 日本語の危機/第3章 母語形成と母語喪失/第4章 脳とことば/第5章 母語と世界観/第6章 ことばの本質とは何か/第7章 ことばの美しさとは何か/第8章 ことばと意識

著者情報(「BOOK」データベースより)

黒川伊保子(クロカワイホコ)
1959年生まれ、栃木県出身。奈良女子大学理学部物理学科卒業。コンピューターメーカーでAI(人工知能)開発に携わり、脳とことばを研究。(株)感性リサーチ代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(43件)

総合評価
 3.74

ブックスのレビュー(7件)

  • 小学校に英語が必要なわきゃ無いだろが!!
    shiroihatotoshokan
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2008年01月07日

    子育て中の皆さん、孫が可愛い皆さん、是非読んでください。
    あなたが「何者」なのかがよくわかるかもしれません。
    なぜ、アメリカ英語が、ビジネス言語なのかも良くわかる、腑に落ちる1冊です。
    是非、流行らせたいものです!!!

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    aby1977
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年03月07日

    この著者の本。怪獣(略)を読んだことがあるので、衝撃は薄れましたが、相変わらずこの著者の本はとても面白いです。

    1人が参考になったと回答

  • 良いです
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年01月06日

    黒川さんの本、とても良いです。是非読んでいただきたい本です。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ