エントリー&楽天ブックスで1,000円以上購入した方へマックフライポテトをプレゼント!
なぜ勉強させるのか?
  • Googleプレビュー

なぜ勉強させるのか? 教育再生を根本から考える (光文社新書)
諏訪哲二

777円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 なぜ勉強させるのか?~教育再生を根本から考える~ 691円
紙書籍版 なぜ勉強させるのか? 777円

商品基本情報

  • 発売日:  2007年02月20日
  • 著者/編集:   諏訪哲二
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784334033910

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
学校不信が止まらない。保護者たちは、右往左往の教育改革を横目に、「わが子だけを良い学校に」と必死だ。そのニーズに応えて、「百ます計算」や「親力」といったメソッドが次々と紹介され、指導法のカリスマが英雄視される。勉強の目的といえば、「得になるから」「勝ち組になるため」に収束した感があり、すこぶるドライな経済的価値観が目立つようになった。だからこそ、本質から問いたい。「なぜ勉強させるのか?」と。本書は、「プロ教師の会」代表の著者が、教職生活四十年間で培った究極の勉強論である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグーそして「学力向上」だけが残った/1章 時代論1-「お受験キッズ誌」が映し出すもの/2章 時代論2-ゆとり教育は案外、将来を見据えていた/3章 学校論1-それでも学校を信じなければならない訳/4章 学校論2-塾・予備校は学校改革のモデルとなるか/5章 指導論1-「百ます計算」・陰山メソッドの問題点/6章 指導論2-「親力」ブームの誘惑に耐えられるか/7章 子ども論1-世界の子どもと比べてみる/8章 子ども論2-「なぜ勉強するの?」と問われたら/エピローグー勉強するにも、させるにも覚悟がいる

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
諏訪哲二(スワテツジ)
1941年千葉県生まれ。「プロ教師の会」代表。日本教育大学院大学客員教授。東京教育大学文学部卒業。埼玉県立川越女子高校教諭を2001年3月に定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    VEM
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年05月02日

    始めのうちは教師としての言い訳の本かと思いました。
    実績のある著者ですから余計にそう感じられました。
    でもちゃんと最後まで読むと読者への嬉しい応援歌だと思います。
    いずれにせよ、読んでおくべき本でしょう。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

777円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日本二千六百年史
      日本二千六百年史

      大川周明

      1,188円(税込)

    2. 2
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    3. 3
      世界一美味しい煮卵の作り方
      世界一美味しい煮卵の作り方

      はらぺこグリズリー

      972円(税込)

    4. 4
      ナミヤ雑貨店の奇蹟
      ナミヤ雑貨店の奇蹟

      東野 圭吾

      842円(税込)

    5. 5
      東大から刑務所へ
      東大から刑務所へ

      堀江貴文

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ