せんそうってなんだったの?(2)
  • Googleプレビュー

せんそうってなんだったの?(2) 語りつぎお話絵本 遊び
田代脩

2,160円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年02月
  • 著者/編集:   田代脩昭和の記憶
  • 出版社:   学研プラス
  • 発行形態:  絵本
  • ページ数:  47p
  • ISBNコード:  9784052027277

商品説明



戦争体験者の話を絵本にしたシリーズの第2巻。
戦時中の遊びの紹介と2つのお話からなっています。
竹トンボお手玉など、まだ懐かしさを留めながら残されている遊びと、今の子どもには全く縁のない遊びが紹介されていました。

お話は次の2点です。

「あきらのとぶ空」 金治直美:文、篠塚三朗:絵
 「宇宙戦艦ヤマト」の作者松本零士さんの話をベースにしています。戦闘機乗りにあこがれたきかんぼうのあつおでしたが、疎開先でも戦闘機の空襲を体験します。遊び友達の父親の戦死があって、終戦。
 占領軍のアメリカ兵への屈辱感を感じるあつおに、無事に帰還した父親は悪いのは戦争だと諭します。
 戦後にあふれる様々なものを吸収しながら、戦闘機乗りへのあこがれは宇宙への関心に高まります。
 それが松本零士さんのマンガに生かされているのだと思うと興味深いお話でしたが、松本さんの少年時代に体験した戦争を知り、感無量。
 子どもには説教口調になってしまいそうです。

「まうわうりの夏」 佐々木有子:文、夏目尚吾:絵
 大和竹トンボ制作研究会メンバーの話がベースになっています。
 戦争時代の苦労話や怖さの中で、のびのびとした少年の姿もあったのだという内容が、戦争を知らない世代、固定観念で捉えがちな自分には新鮮でした。
 それでも戦争が終わり竹トンボを飛ばした空には敵機もなく、平和の素晴らしさが伝わってくるお話でした。

戦争体験者によって語り残されるものの重要さを感じさせられたシリーズの1冊でした。(ヒラP21さん 50代・千葉県 男の子14歳)


【情報提供・絵本ナビ】

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,160円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      かみさまにあいたい
      かみさまにあいたい

      当原 珠樹

      1,296円(税込)

    2. 2
      【バーゲン本】ひとりでひけた!たのしくレッスン!ピアノえほん
      【バーゲン本】ひとりでひけた!たのしく…

      24曲

      1,269円(税込)

    3. 3
      ぼくとニケ
      ぼくとニケ

      片川 優子

      1,512円(税込)

    4. 4
      サイド・トラック
      サイド・トラック

      ダイアナ・ハーモン・アシャー

      1,728円(税込)

    5. 5
      魔女ののろいアメ
      魔女ののろいアメ

      草野 あきこ

      1,296円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ