本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 日本史

幕末維新の暗号 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか
加治将一

2,090(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2007年04月
  • 著者/編集:   加治将一
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  453p
  • ISBN:  9784396612863

商品説明

内容紹介

〈概要〉 
坂本龍馬の最後の手紙を「暗号文」と解読し、龍馬が腕利きのスパイだったこと、さらにフリーメーソンとの関係までを解き明かして、明治維新に新しい光を当てた前著『あやつられた龍馬』(2006年2月刊)で黒鉄ヒロシ氏をはじめ各界から絶賛された著者が、一枚の謎めいた写真から、ふたたび幕末ミステリーの旅に出る。本作は『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』のように、実在の人物・団体・出来事に基づいたフィクションの形式。小説NON連載(2006年7月号〜2007年3月号・全9回)を単行本化。
著者のもとに読者から実際に寄せられた「写真」をきっかけに、本作は着想された。
「写真」とは、幕末ファンなら誰もが知っている「幕末志士全員集合写真」、通称「フルベッキ写真」と呼ばれる一枚。そこには龍馬はおろか、西郷隆盛、勝海舟、高杉晋作、岩倉具視、大久保利通、伊藤博文、大隈重信……明治維新の主役たちが一堂に会し、中央には外国人親子が陣取っていた。
志士の全員集合などありえない。普通はそう思う。ところが、文献や古写真など史料との照合を重ねると、一人、また一人と被写体の「正体」が判明してゆく。誰が写っているのか?
そして「外国人」フルベッキが、明治新政府に絶大なる影響力を有していたという事実と、あぶり出される幕末史の歪み。果たして、一枚の写真には明治新政府が隠した「維新の暗号」が塗り込められていた……歴史ファンが瞠目するノンフィクション・ノベル。

〈目 次〉
1| 謎の古写真
手紙/坂本龍馬と小松帯刀/英国諜報部員、アーネスト・サトウ/
志士たちの名前を書き込んだ画家/勝海舟/岩倉具視の息子たち
2| 宣教師・フルベッキ
「写真」の送り主/不自然なスタジオ/フリーメーソン/岩倉使節団の立ち寄り先/視線
3| 諜報部員
メディアの反響/学界からの使者/龍馬の耳/消えた男/江藤新平の正体/スパイたち
4| 血脈
三人の少年/訃報/判明した「仮りそめの宿」/皇位/建武の新政/
「吉野朝」と明治維新/南北朝
5| 教え子
フルベッキと佐賀人脈/士族の反乱/江藤新平処刑/秘密結社/「南」と「楠」/罠
6| 大隈重信の沈黙
グラバー邸の謎/追われた公家/五人の佐賀藩士/大隈重信と二冊の本/
黒幕/南朝の輪/マーク
7| 闇の中の天皇
「すり替わっている!」/隠蔽/閉ざされた西郷隆盛/「帝」が二人/
華族の真実/天皇毒殺/豹変した親王
8| 明治新政府の陰謀
「玉」を操る一派/「すべて」を知っていた女/「奥」と「表」/
回収された、天皇の写真/西南戦争と明治天皇/寅之祐の街/皇族とのつながり
9| 解かれた封印
もう一人の追跡者/過激思想から生まれたもの/「南朝革命」/

内容紹介(「BOOK」データベースより)

歴史作家・望月真司のもとに届いた一枚の古写真。それは幾度となくマスコミにも取り上げられた、いわくつきの代物だった。被写体は総勢四十六人。書き込まれた名前によれば、坂本龍馬、西郷隆盛、高杉晋作、岩倉具視、大久保利通、中岡慎太郎、伊藤博文、さらに桂小五郎、勝海舟…と幕末の志士たちが勢ぞろいしていたからだ。荒唐無稽ーだが、まがい物と片づけられてきた写真を仔細に検証すると、被写体と実在の人物が次々に合致していった。この古写真はなぜ撮影され、そして歴史の彼方に葬り去られたのか。謎を追ううちに、望月は写真に込められた「秘密」に突き当たる。それは明治政府の重大なタブーに触れるものだった。吉野、佐賀、長崎、鹿児島、山口県柳井ー徹底的な取材と綿密な史料分析から解き明かす、驚愕の幕末史。

著者情報(「BOOK」データベースより)

加治将一(カジマサカズ)
1948年、札幌市生まれ。小説家・不動産投資家。1978年より15年間、ロサンゼルスで不動産関係の業務に従事し、帰国後、執筆活動に入る。ベストセラー『企業再生屋が書いた借りたカネは返すな!』(アスキー)、評伝『アントニオ猪木の謎』、サスペンス小説『借金狩り』、フリーメーソンの実像に迫った『石の扉』(以上三作はいずれも新潮社)など多数の著作を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(48件)

総合評価
 3.73

ブックスのレビュー(11件)

  • これってフィクションなの?
    フリッカー
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年05月09日

    最初、ノンフィクションかと思ったが、どうやらフィクションらしい。本当に不思議な写真だよね。この写真を見ながら読み進んでいると、どんどん引き込まれていく。作者の力量に感服。お勧めです。

    0人が参考になったと回答

  • 幕末維新の暗号
    時の舞
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年10月13日

    定説・常識を覆した「龍馬の黒幕」の加治将一氏の作品で、幾度となくマスコミにも取り上げられた「幕末志士全員集合写真」、通称「フルベッキ写真」と呼ばれる、いわくつきの一枚の写真。そこには坂本龍馬、西郷隆盛、高杉晋作、岩倉具視、大久保利通、中岡慎太郎、伊藤博文、桂小五郎、さらに勝海舟…と幕末の志士たちが勢ぞろいしていたからだ。荒唐無稽だが、まがい物と片づけられてきた写真を仔細に検証すると被写体と実在の人物が次々に合致していった。この古写真はなぜ撮影され、そして歴史の彼方に葬り去られたのか。謎を追ううちに写真に込められた「秘密」に突き当たる。それは明治政府の重大なタブーに触れるものだったという、歴史ファンが瞠目するノンフィクション・ノベルであり、読むのが楽しみです。

    0人が参考になったと回答

  • タイトルに惹かれて
    m_yayaya
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2010年04月13日

    “幕末維新の暗号・群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか”の タイトルに惹かれて購入したのに...。
    読んでみてタイトルとの整合性がまったく理解出来なっかたのは自分に読解力が無いのかなあ。なぜ撮られ、そして抹殺されたのか、仮説でもいいから知りたかったなあ〜。
    最初のうちは面白く読んでいたが、だんだんと内容に精彩が感じられなくなり、後半は何が何だか...消化不良で完結しちゃいました。あんりゃま〜、まだ空腹状態じゃ〜
    『あやつられた龍馬』の本も “これが真実だ” みたいな内容となっているし.....。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日本人が知らない! 世界史の原理
      日本人が知らない! 世界史の原理

      茂木誠

      2,090円(税込)

    2. 2
      老後ひとり暮らしの壁 身近に頼る人がいない人のための解決策
      老後ひとり暮らしの壁 身近に頼る人がい…

      山村秀炯

      1,540円(税込)

    3. 3
      ポケット六法 令和6年版
      ポケット六法 令和6年版

      佐伯 仁志

      2,420円(税込)

    4. 4
      老いた今だから
      老いた今だから

      丹羽 宇一郎

      1,034円(税込)

    5. 5
      『和華』第41号
      『和華』第41号

      雑誌『和華』編集部

      850円(税込)

    1. 1
      大白蓮華 2024年 4月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 4月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    2. 2
      書いてはいけない
      電子書籍書いてはいけない

      森永卓郎

      1,540円(税込)

    3. 3
      新・人間革命23
      電子書籍新・人間革命23

      池田大作

      748円(税込)

    4. 4
      ぼのぼの名言集 上
      電子書籍ぼのぼの名言集 上

      いがらしみきお

      11円(税込)

    5. 5
      子どもとの関係が変わる自分の親に読んでほしかった本
      電子書籍子どもとの関係が変わる自分の親に読んで…

      フィリッパ・ペリー

      2,420円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ