聴覚および触知覚機能からみた大脳両半球の機能差に関する実験的研究
  • Googleプレビュー

聴覚および触知覚機能からみた大脳両半球の機能差に関する実験的研究
南憲治

3,024円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 序論/第2章 両耳分離聴検査に関する理論的ならびに方法論的検討/第3章 両耳分離聴検査にみられる注意の影響/第4章 注意焦点化法に関する実験的検討/第5章 両耳分離モニタリング法に関する実験的検討/第6章 言語刺激に対する右耳優位性にみられる性差と利き手の影響/第7章 幼児の両耳分離聴検査にみられる右耳優位性ー右耳優位性と言語能力との関係ならびに右耳優位性の発達的変化(実験14)/第8章 触パターン知覚にみられるラテラリティ効果/第9章 本研究の総括と今後の課題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
南憲治(ミナミケンジ)
1949年兵庫県伊丹市に生まれる。1973年京都大学教育学部卒業。1978年京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。2002年京都大学博士(教育学)。神戸親和女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

3,024円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ