エントリー&楽天ブックスで1,000円以上購入した方へマックフライポテトをプレゼント!
溝口健二
  • Googleプレビュー

溝口健二 没後50年「Mizoguchi 2006」の記録 (朝日選書)
蓮実重彦

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年05月
  • 著者/編集:   蓮実重彦山根貞男
  • 出版社:   朝日新聞出版
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  285,
  • ISBNコード:  9784022599223

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
溝口健二没後50年を迎えて開かれた国際シンポジウム「MIZOGUCHI 2006」。海外からは『ミツバチのささやき』『エル・スール』のビクトル・エリセ、『一瞬の夢』『長江哀歌』のジャ・ジャンクーら世界的監督と、世界でもっとも早く溝口を発見した映画評論家ジャン・ドゥーシェが、国内からは井口奈己、柳町光男、山崎貴ら気鋭の監督、芥川賞作家で映画評論も手がける阿部和重、そして溝口健二の助監督を長く務めた田中徳三が、さらに溝口作品を彩った香川京子、若尾文子らスターが一堂に会した。コーディネーターは、蓮實重彦と山根貞男。ヴェネチア国際映画祭で三年連続受賞という快挙を成し遂げ、今なお世界各国の映画監督に影響を与えつづける溝口作品に、「はじめて」出会う人々に向け、その新たな魅力を検証する。巻末に蓮實重彦、山根貞男、木下千花らによる書き下ろし溝口論を収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
シンポジウム(日本における溝口/女優の証言/助監督の証言/世界が見た溝口ー海外と国内の参加者たちを交えて/シンポジウムを終えて 発掘された溝口健二)/論考(サイレントからトーキーへ、その狭間での冒険『滝の白糸』『折鶴のお千』について/言葉の力ー溝口健二監督『残菊物語』論/世界の中のミゾグチ、溝口の中の世界)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
蓮實重彦(ハスミシゲヒコ)
映画評論家・フランス文学者。1936年、東京生まれ。85-88年、映画季刊誌『リュミエール』編集長

山根貞男(ヤマネサダオ)
映画評論家。1939年、大阪生まれ。69-71年、映画批評誌『シネマ69』を編集・発行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:エンタメ・ゲーム

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ