絵画・彫刻の発展史を数学で嗜もう(3)
  • Googleプレビュー

絵画・彫刻の発展史を数学で嗜もう(3) 数学の文化史 (東海大学文学部叢書)
横地清(数学)

3,456円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「文化の発展に果たしてきた数学の役割」を数学者ならではのアプローチで読み解くシリーズの最終巻。西洋では、15世紀前半にブルネレスキによって確立された「数学的遠近法」によって、見取図法に依存せずに俯瞰図を描くという歴史的発展をとげた。それに対して同時代の中国・日本では、円熟した「見取図法」を用いて空間を描いていた。両者の比較をはじめ、ステンドグラスの画法や中国の三大石窟の彫刻・壁画についても述べる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ジョットからブルネレスキへー見取図法から数学的遠近法へ(ジョット作「聖痕を受ける聖フランチェスコ」と対面して/ベネチアグラス論争/アッシジ(Assisi)を訪ねて/ブルネレスキの確立した数学的遠近法)/第2章 卍崩しと裳裾垂れー飛鳥と中国と(卍崩しの勾欄/坐像の裳裾垂れ)/第3章 飛天=舞妓、伎楽天=楽師、そして胡旋舞ー雲岡石窟・龍門石窟・敦煌石窟から(雲岡石窟・龍門石窟の「眷属」、「伎楽天」、「飛天」/仏教普及までの絵画と彫刻/敦煌石窟の飛天と胡旋舞)/第4章 ステンドグラスの発展ー「定式画」から「遠近法的写実主義」まで(「定式画」と「立面図的遠近法」/「木偶人形」から「写実画」へ/「事態象徴画」から「写実画」へ/「数学的遠近法」の採用/「遠近法的写実画」の発展ールマンとポワティエにて)/第5章 遠近法と見取図とーコンパクトと連続と(「画題を三次元空間の存在として、印象的に表現する」数学的遠近法ー「数学的遠近法」による「コンパクト画」/「長大な絵画を三次元空間の存在として連続的に表現する」見取図法ー「見取図法」による「連続画」)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
横地清(ヨコチキヨシ)
1922年愛知県生まれ。1945年東京文理科大学数学科卒業。北京師範大学客員教授・内蒙古師範大学科学史研究所客員教授・東北師範大学客員教授。和光大学教授・山梨大学教授・東海大学教授・華中科学技術大学客員教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,456円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ