現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 産業 > 商業
なぜか「また行きたくなる」飲食店のつくり方
  • Googleプレビュー

なぜか「また行きたくなる」飲食店のつくり方 誰も教えてくれなかった!! 1年で終わるお店と10
大久保一彦

1,320(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2007年07月
  • 著者/編集:   大久保一彦
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  199p
  • ISBN:  9784569692524

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
繁盛しているように見えたお店が、いつの間にかなくなっている。いっぽう、10年を経ても、永くお客様に愛されるお店がある。その違いは何か?全国から引っぱりだこの飲食店経営のカリスマが、その秘密をついに明らかにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜ、フリーペーパーが拡大するのか?(普及の時代は売ること=成功だった/売るということは浸透させること ほか)/第2章 目の前の通行人をお客さんに変える(すべては商圏を把握することから始まる/出会いが大切 ほか)/第3章 あんなに流行っていたのにお客さんが店からいなくなるわけ(お客さんはすぐ忘れる/失敗のリスクを回避しろ ほか)/第4章 忘れさせない店、飽きられない店(店には忘れさせない店と飽きられない店がある/立地から導かれる店の方向性 ほか)/第5章 商売は長く続けて文化となって節目を迎える(乗った列車の違い/なぜその店がいいのかは自分自身が持つ文化(価値観)が決める ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大久保一彦(オオクボカズヒコ)
1965年、神奈川県・横浜市生まれ。法政大学在学中に両親の度重なる病気のために大学を中退し、東京地方裁判所で勤務。その後、病気の両親を養うためにお金を稼げる飲食店に転職。チェーン数社を転職した後、株式会社グリーンハウスフーズに入社し、「とんかつ新宿さぼてん」の多店舗化に成功。独立した後は、数多くの不振飲食店を再生させ、多くの店の指導・デロデュースをした実績を持つ。夢とやりがいのある社会を目指した「夢ー商通信」を設立。食の商いの啓蒙活動を行う。著書は、どれもビジネス書ベストセラーに名を連ねる、業界内外を問わず注目を集める経営コンサルタントである(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ラクしてうまくいく生き方(きずな出版)
      電子書籍ラクしてうまくいく生き方(きずな出版)

      ひろゆき

      1,300円(税込)

    2. 2
      本当の自由を手に入れるお金の大学
      電子書籍本当の自由を手に入れるお金の大学

      両@リベ大学長

      1,210円(税込)

    3. 3
      1%の努力
      電子書籍1%の努力

      ひろゆき

      1,485円(税込)

    4. 4
      嫌われる勇気
      電子書籍嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,320円(税込)

    5. 5
      人は話し方が9割
      電子書籍人は話し方が9割

      永松茂久

      1,540円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ