近江骨董紀行
  • Googleプレビュー

近江骨董紀行 城下町彦根から中山道・琵琶湖へ (シリーズ近江文庫)
筒井正夫

2,750円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年06月
  • 著者/編集:   筒井正夫
  • レーベル:   シリーズ近江文庫
  • 出版社:   新評論
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  307p
  • ISBNコード:  9784794807403

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書は、城下町彦根や古都大津の町に分け入り、中山道や琵琶湖を旅しながら、そこに残された「骨董・古美術品」の中に近江文化の結晶を見いだし、あますところなく紹介するものである。だが、著者はありきたりの有名美術館や観光スポットには訪れていない。人知れず文化を紡ぎ、次代に受け継いでいこうとする市井の骨董店や私設美術館、そして街角で朽ち果てんとする「名建築」、そうした、地元で暮らしていなければとうてい見いだし得ないような隠れた名所に分け入って珠玉のような宝を発見した。そこにはまた、著者の鋭い文明批評の眼も光る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 城下町彦根にて(私の骨董入門ー土川釉好堂にて/雛祭りの憂いー弥生土器と湖東焼菱形三段重/湖東焼絢爛ーたねや美壕の舎湖東焼美術館訪問記 ほか)/第2章 琵琶湖、中山道、大津への旅(琵琶湖多景島へ謎解きの旅ー誓之御柱/中山道愛知川宿、竹平樓にて/愛知川宿に残る近江上布とびん手まり ほか)/第3章 四季をめぐる暮らしのなかで(春の光と影ー古伊万里、桜の杯洗/近江桜逍遙ー永楽保全の酒器・急須、織田瑟瑟の桜絵/花と蝶ー山本梅逸の絵と初期伊万里蝶図小皿 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
筒井正夫(ツツイマサオ)
1955年、横浜生まれ。52歳。1985年一橋大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。滋賀大学経済学部教授。専門は、近代日本経済史、地方行財政史(都市と農村)、近代化遺産・ヴィジュアル資料の保存とまちおこし、近江商人等の研究。現在彦根市史・愛知川町史・日野町史の編纂に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ