裁判員制度の正体
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

裁判員制度の正体 (講談社現代新書)
西野喜一

777円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 裁判員制度の正体 648円
紙書籍版 裁判員制度の正体 777円

商品基本情報

  • 発売日:  2007年08月
  • 著者/編集:   西野喜一
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  232p
  • ISBNコード:  9784062879033

商品説明


裁判員制度特集
2009年5月までに始まるとされている裁判員制度。まともな議論もなされず、数々の危険をはらむ制度が強行される理由は何もない。本書では、恐怖の悪法を徹底解剖。長く判事を務めた著者が警鐘を鳴らす。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
元判事の大学教授が「赤紙」から逃れる方法を伝授。恐怖の悪法を徹底解剖。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 裁判員制度とはどのようなものか/第2章 裁判員制度はどのようにしてできたのか/第3章 無用な制度ー誰も求めていないのに/第4章 違法な制度ー憲法軽視の恐怖/第5章 粗雑な制度ー粗雑司法の発想/第6章 不安な制度ー真相究明は不可能に/第7章 過酷な制度ー犯罪被害者へのダブルパンチ/第8章 迷惑な制度ー裁判員になるとこんな目に遭う!/第9章 この「現代の赤紙」から逃れるにはー国民の立場から/終章 いま、本当に考えるべきこと

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西野喜一(ニシノキイチ)
1949年福井市生まれ。東京大学法学部卒業、ミシガン大学ロースクール修士課程修了。博士(法学)(名古屋大学)。東京地方裁判所判事補、新潟地方裁判所判事などを経て、新潟大学大学院実務法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年05月04日

    とても興味深い内容です。自分の思いもしなかった発想を知ることができ、また著者の方の経験を交えた記述が特に感銘を受けた部分です。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

777円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      バカ論
      バカ論

      ビート たけし

      777円(税込)

    2. 2
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    3. 3
      ハーバード日本史教室
      ハーバード日本史教室

      佐藤 智恵

      885円(税込)

    4. 4
      不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
      不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗し…

      鴻上 尚史

      950円(税込)

    5. 5
      遺言。
      遺言。

      養老 孟司

      777円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ