死海文書入門
  • Googleプレビュー

死海文書入門 (「知の再発見」双書)
ジャン・バティスト・アンベール

1,620円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あらゆる考古学上の発見の中で、クムランの発見物語は特別な響きをもつ。なぜならこの劇的な発見の舞台となったのが第二次世界大戦直後の動乱のパレスチナだったからである。そこで発見された大量の写本は紀元前のユダヤ教徒の実像を明らかにするものであり、キリスト教の起源やひいてはイエス・キリストの実像に迫る歴史的手がかりを与えてくれるのではないかと期待された。その後、死海文書(クムラン写本)は学術的にも政治的にも大きな注目を浴び、さまざまなスキャンダルを生み出した。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 クムランの発見物語/第2章 ユダヤの歴史ーアレクサンドロス大王による征服から神殿の崩壊まで/第3章 死海文書(クムラン写本)の全貌/第4章 キルベト・クムランは、エッセネ派の遺跡か/資料篇ー死海文書は語る(古代の資料と証言/発掘現場の声/死海文書の解読/銅の巻物/宗派的文書/文書自体が語る/紀元前2世紀のユダヤー死海文書誕生の背景)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
アンベール,ジャン=バティスト(Humbert,Jean-Baptiste)(アンベール,ジャンバティスト)
エルサレム・フランス聖書考古学研究所で、考古学部門の責任者を務めている。イラン、ガリラヤ、ヨルダンで発掘作業にたずさわった。ド・ヴォー神父のクムランでの発掘に関する出版を手がける一方で、パレスティナの考古学者たちと協力して、ガザでの発掘作業を指揮している

ヴィルヌーヴ,エステル(Villeneuve,Estelle)
考古学者。碑文・文芸アカデミーの給費生としてエルサレム・フランス聖書考古学研究所に派遣され、ヨルダン、シリア、レバノンで発掘作業に参加した。雑誌『聖書の世界』に定期的に寄稿している

秦剛平(ハタゴウヘイ)
1942年生まれ。多摩美術大学教授。同大学新図書館館長。ヘレニズム・ユダヤ教を中心に初期キリスト教などの研究に携わる

遠藤ゆかり(エンドウユカリ)
1971年生まれ。上智大学文学部フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • (無題)
    akiranek
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年05月07日

    この双書は写真がたくさんあって記載内容を理解するのに助かります。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ