[エンタメ市!] 全ジャンル対象! 条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

14歳からの戦争学 (H&I新書)
松村劭

770(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

第二次世界大戦の敗戦後は、憲法九条で戦争放棄したからという理由で、大学でも学校でも戦争を教えなかった。しかも敗戦からの半世紀の日本では、戦争を研究することは敗戦憲法の精神に反する軍国主義者のような異常な行為であると白い眼で見られる社会環境になった。だから日本で戦争学を研究している人はほとんどいない…。戦争学を学ぶのは「戦争は悪だ!」と叫ぶためではない。戦争という人間活動の経験則を学び、平和のために活用することなのだ。平和ボケ日本人を覚醒させる、渾身の「戦争学」講座。

目次(「BOOK」データベースより)

開講にあたって 戦争を学ぼう/第1講 戦争が起きる国際社会の構造/第2講 戦争のタイプを分類してみよう/第3講 アメリカの対日戦争は何であったか/第4講 全面戦争の敗北とは/第5講 核時代における戦争論/第6講 冷戦後の戦争/最終講 若人への提言

著者情報(「BOOK」データベースより)

松村劭(マツムラツトム)
1934年、大阪生まれ。米国国防省認可法人デュピュイ戦略研究所・東アジア代表。国際戦略研究所(IISS)会員。防衛大学校卒(二期)。陸上自衛隊指揮幕僚大学卒業。インド国防参謀大学留学。陸上幕僚監部情報幕僚、作戦幕僚、防衛研究所研究委員、陸上自衛隊西部方面総監部防衛部長などを歴任。専門は戦略・戦術の研究、情報分析。在職中は在日米軍との共同作戦計画にも携わる。元陸将補。1985年、自主退職。1994年から著述活動を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 4.20

ブックスのレビュー(1件)

  • funky_kubotya
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2008年04月13日

    今回は、何か戦争に関する物が読みたいと言う事で子供がこちらを選んだようです。この本をきっかけに、更に戦争の類いの書物を読み深め、争うことの無意味さ愚かさを知っていってくれればと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ