対象の本と雑誌を同時購入&条件達成でポイント4倍
酸素のはなし
  • Googleプレビュー

酸素のはなし 生物を育んできた気体の謎 (中公新書)
三村芳和

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2007年12月20日
  • 著者/編集:   三村芳和
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  228p
  • ISBNコード:  9784121019257

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
酸素は何でも燃やしてしまう。栄養素を燃やせばたくさんのエネルギーができる。二七億年前、光合成によって海水から酸素ガスが発生したとき、酸素とは無縁だった生物は、その魅力に惹かれて体内に採り入れた。ここに生物は進化への道を選び、多種多様の種が生まれる。しかし一方、酸素はからだの成分も燃やし、細胞を傷つけ、寿命さえ縮めてしまう。ヒトもふくめた生物は、この魔性の気体にどう対処してきたのか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 山に登るとどうして息が切れるのか/第2章 酸素がない所でどうやって生きるのか/第3章 酸素元素はどこからやってきたのか/第4章 エネルギーをつくるのに酸素はどういう役割をするのか/第5章 低酸素をどう生き抜いてきたのか/第6章 酸素濃度はどう変わってきたのか/第7章 酸素の毒性にどうやって対抗するのか/第8章 酸素は病気にどう関わるのか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三村芳和(ミムラヨシカズ)
1950年、東京に生まれる。信州大学医学部卒業。東京大学医学部第三外科助手、メイヨー・クリニック(アメリカ)内分泌生理学教室を経て、東京大学医学部准教授。医学博士。専攻、内分泌外科学、外科侵襲学、外科栄養学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年10月03日

    本文じたいは良かったが、もう少し問題提起が欲しかったです。(息子談)

    0人が参考になったと回答

  • 生物にとっての諸刃の剣の
    kanisandesu
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2008年03月30日

    「酸素」について生物学的、もしくは医学的、果てはありとあらゆる古今東西の知識を投入して書かれた力作です。私にとってほぼ頭の体操でした。しかし、各所にちりばめられる四文字熟語、格言、ことわざ、仏教用語がなんとも時にユーモラスに感じられたりして、というかちょっと科学の本らしからぬ感じで、作者のマルチなセンスを見せつけられ、ただただ脱帽でした。酸素、おもしろいです!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

842円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ