その日本語が毒になる!
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

その日本語が毒になる! (PHP新書)
吉村達也

756円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年05月
  • 著者/編集:   吉村達也
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  198p
  • ISBNコード:  9784569695419

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本格的なネット時代を迎え、ますます過激化する一方の「言葉の暴力とウソ」。食品だけでなく、何気ない日常会話にも、偽装と毒はひそんでいる。「何様のつもりだ」「おまえが言うな」「いかがなものか」「だから日本人は」「生理的にキライ」「不正はなかったと信じたい」-言っても言われても、心が傷つく不用意な言葉の数々。ミステリー作家の著者が日本語特有の落とし穴を鋭く指摘し、人格急変のトリックも浮き彫りにしながら綴る、殺伐とした世の中で自分の心を守るための目からウロコの精神衛生本。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人は言葉で病気になるーネットの病理は昔からある人間の本質だ/第2章 人間性を疑われる日本語ー言葉で人を攻撃しているときがもっとも見苦しい/第3章 普通のようで変な日本語ー何気なく使ってしまう言葉にひそむ落とし穴/第4章 怖がりながら使う日本語ーそんなに相手の反応が恐ろしいのか/第5章 人格のトリックを知るー白から黒へと人の性格が急変するほんとうの理由/第6章 人は言葉で健康になるークスリになる日本語を常備しておく

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉村達也(ヨシムラタツヤ)
1952年生まれ。一橋大学商学部卒業。75年よりニッポン放送勤務。ディレクター、編成プロデューサーを経て、83年から89年まで扶桑社で書籍編集長などを務め、90年より専業作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

756円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊
      戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊

      川島 博之

      928円(税込)

    2. 2
      異常気象はなぜ増えたのか
      異常気象はなぜ増えたのか

      森 朗

      842円(税込)

    3. 3
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    4. 4
      新聞記者
      新聞記者

      望月 衣塑子

      864円(税込)

    5. 5
      東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる
      東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢…

      兵頭 二十八

      907円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ