本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)
ピッキーとポッキー
ピッキーとポッキー ピッキーとポッキー(幼児絵本シリーズ)[あらしやまこうざぶろう]
  • Googleプレビュー

ピッキーとポッキー (幼児絵本シリーズ)
あらしやまこうざぶろう

990(税込)送料無料

商品情報

商品説明

うさぎのピッキーとポッキーは、もぐらのふうちゃんといっしょにお花見に出かけました。お弁当はすみれのサンドイッチ、木の実のジュース……。とても愉快なおはなし絵本です。


 この絵本の文を書いた「あらしやま こうざぶろう」さんは作家の嵐山光三郎さんで、絵を描いた「あんざい みずまる」さんはイラストレーターの安西水丸さんのこと。
 この絵本が誕生した時のことを、嵐山さんは『イラストレーター安西水丸』という本の中でこんな風に書いています。
 「1976年、水丸の娘と嵐山の息子に手書き絵本『』を作った。うさぎのきょうだいの話であった。水丸が手書きの原稿を持って福音館書店に持ちこむと、その場で刊行がきまった」。
 この時水丸さんは34歳。
 嵐山さんはこの文章のあとで「水丸はおだやかな性格でありながら、きちんとプレゼンテーションする能力があった」と感心している。

 そんな風にして誕生した絵本ですが、人気があったのかその後何冊かのシリーズになっています。
 ただ水丸さんの絵のタッチは少しちがうような感じがしますので、絵本だけ読むと水丸さんの作品だとなかなかわかりづらいと思います。

 「うさぎのきょうだいの話」と嵐山さんは書いていますが、ピッキーの方がズボンをはいてポッキーはスカートをはいていますから男女の「きょうだい」です。
 二匹のほかにもう一匹重要な役割の動物が出てきます。
 それが「もぐらのふうちゃん」。
 ただ水丸さんの描く「もぐら」はもぐらに見えないのです。
 そもそももぐらっていうのはあまり見かけませんが、水丸さんは図鑑か何かを読んだのかしら。

 そんな絵本ですが、きっと二人のお子さんは喜んだに違いありません。
 だって、愛情たっぷりな絵本ですもの。(夏の雨さん 60代・埼玉県 )

【情報提供・絵本ナビ】

関連特集

商品レビュー(31件)

総合評価
 4.67

ブックスのレビュー

  • (無題)
    msめがね
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月19日

    30年以上前に自分の一番好きだった本を、子供へのプレゼントとして。
    今読んでもやっぱり大好きです。

    0人が参考になったと回答

  • 双子の孫に
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年07月18日

    双子の孫たちにプレゼントしました。アニミズム!まるで自分たちのことのように思って?絵本を楽しんでいました。

    0人が参考になったと回答

  • プレゼント
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年01月20日

    図書館で借りてとても気に入り購入しました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年06月07日 - 2021年06月13日)

     :第-位( - ) > 絵本・児童書・図鑑:第-位( - ) > 絵本:第7100位(↑) > 絵本(日本):第5972位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと31

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ