冒険としての社会科学
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

冒険としての社会科学 (MC新書)
橋爪大三郎

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年09月
  • 著者/編集:   橋爪大三郎
  • レーベル:   MC新書
  • 出版社:   洋泉社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  263p
  • ISBNコード:  9784862483065

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
そもそも社会科学は、自分の社会を客観的に見つめるための“方法論”である。それが社会科学は武器になることの謂いだ。本書では、近代国家、市民社会を体系的に捉える社会科学の立場から近代の源流をたどることによって、日本社会が抱える共同体の問題を「日本国憲法」、「マルクス主義」、そして「天皇制」という三つの機軸から明らかにする。自らの全共闘体験の敗北を糧に、近代の道筋をたどりなおそうとする、歴史的文脈が深く刻み込まれたポレミックかつ驚くべき精度をもった論理に貫かれた記念碑的著作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 社会科学はこうして学ぶ(社会科学を学ぶからには/戦後知識人は、どこへ行った ほか)/第2章 日本国憲法はどこが美しいか(あなたは憲法に違反できない/近代憲法のしくみ ほか)/第3章 マルクス主義はどうしてダメになったか(みんな、マルクス主義者だった/資本主義とは何か ほか)/第4章 日本国憲法はどこがいかがわしいか(日本国憲法の謎ー天皇/いつから国民は、主権者になったか? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
橋爪大三郎(ハシズメダイサブロウ)
1948年神奈川県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻教授。専門は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,836円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      恥をかかないスピーチ力
      恥をかかないスピーチ力

      齋藤孝(教育学)

      820円(税込)

    3. 3
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ