おこる
  • Googleプレビュー

1,430円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • おこる
  • +
  • きもち
  • おこる
  • 中川ひろたか

1,430円(税込)

在庫あり

990円(税込)

在庫あり

合計 2,420円(税込)

閉じる

商品説明

日経kids+x楽天ブックスのコラボレーション企画第1弾!この本は、『日経 Kids +9月号』“子供を夢中にさせる本”で紹介されました。

【絵本ナビ編集長 磯崎園子さん】
怒ることについて、主人公の男の子が考える本。子どもたちは大いに怒り、そして怒られる。「今、なんで怒ったんだろう?」。具体的な答えが出るわけではないが、立ち止まって大人も一緒に気持ちについて考えたい。

【磯崎園子さんプロフィール】
1974年生まれ。大学卒業後、書店の児童書担当を経て、絵本を紹介・販売するWebサイト「絵本ナビ」の編集長に。お薦め絵本の選定などを行っている。

【日経kids+より抜粋】
寝坊して怒られ、ピーマンを残して怒られ、けんかをして怒られ……怒られてばかりのぼく。怒られないために一人の世界に向かうが、何をしても怒られないのは「さびしすぎる」と感じ、ぼくは人が怒る理由を考え始める。


日常生活の中でも、人は色々な感情に振り回される。笑って、泣いて、そして「怒る」。人に「怒る」、子どもに「怒る」、自分に「怒る」・・・。そして、子どもたちは大いに「怒られる」。でも、ちょっと立ち止まってみる。想像力を働かせてみる。今、なんで怒ったんだろう?あの人は、どうして怒ってるんだろう?ぼくは、どうして・・・?そう考えてみると、怒り方ってみんな違う。「怒る」のが好きな人っているのかな?前作「ないた」に引き続き、今回は長谷川義史さんと組まれて創られた、気持ちを考える絵本の新作「おこる」。中川ひろたかさんが「おこる」について考えると・・・。「気持ち」を考える事って、今の時代にとっても大切な事なのではないでしょうか。とにかく沢山の人達に読んでもらいたい絵本です。
(絵本ナビ編集長 磯崎園子)


怒られているばかりの僕。
あまりおこられるから遠くへ行ってしまいたい。
それでは寂しすぎる。
思えば自分も怒ることがある。
おこっても気持ちはスッキリしない。
おこらない子になりたいな。
とてもいい話です。

そして、小学生低学年が中心の小学校の読み聞かせ。児童と保護者で100人ほどを前にして読み聞かせ開始。
最初のページで、「おこられた」と言うと笑い声があがりました。読み進むにつれて笑いはエスカレート。最後には大爆笑になって…。
一人で海に行くところでは、さまざまな反応をみせながら、すーっと静かになった。
「おこられる」という言葉に小学生は非常に敏感でした。そして、孤独感に関しても敏感でした。
話の中で、自分が怒られる立場から、お母さんやお父さんをおこる立場になったとき、子ども達は目を輝かせていたようです。
おこっても、おこられても気分はスッキリしない。最後のところはナットクだったのかどうか、少しざわついていました。
「話がウケた」というより、おこる、おこられるということに今の子どもがいかに反応するか。読み聞かせでこれほど子ども達が反応したこともないので、ある意味驚きでした。(ヒラP21さん 50代・千葉県 男の子12歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
まいにちおこられてばかりのぼく。なんで、ぼくはおこられるんだろう?なんで、ひとはおこるんだろう?ドキュメンタリーTV番組「情熱大陸中川ひろたか編」から生まれた絵本。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中川ひろたか(ナカガワヒロタカ)
1954年埼玉県生まれ。保育士、バンド「トラや帽子店」を経て、現在はシンガーソングライター、絵本作家として活躍、『ないた』(金の星社)で日本絵本大賞、『歯がぬけた』(PHP研究所)でけんぶち絵本の里大賞のびばからす賞を受賞

長谷川義史(ハセガワヨシフミ)
1961年大阪府生まれ。グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターへ。現在は絵本や児童書を中心に活躍。『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で講談社出版文化賞絵本賞、『いろはにほへと』(BL出版)『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で日本絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(71件)

総合評価
 4.41

ブックスのレビュー

  • (無題)
    こたつさむさむ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2014年07月19日

    子供は好んで読んでくれませんが、私が反省させられる絵本です。

    3人が参考になったと回答

  • 子供用に。
    masyura
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2009年03月01日

    毎日毎日、子供に怒ってばかり。怒られる子供の気持ちが垣間見れたように思います。長谷川義史さんの絵が好きで購入したという事もありますが、怒る者の気持ち、怒られる者の気持ちが子供に伝わればなぁ・・・と思いました。

    3人が参考になったと回答

  • 小学校の読み聞かせ
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年11月01日

    子どもの通う小学校で毎週1回朝の15分間を利用した読み聞かせのボランティアをしています。
    あまり参加が出来ず実際クラスに入ったのは3回目で4年生のクラスでした。
    『少し幼稚かなぁ・・・?』と心配していましたが『お母さんに昨日ソレと同じ事で怒られた!!』と挙手。『ありゃ・・・他に同じ事で怒られた人?』と尋ねると皆が挙手で次々に発表の場となり。かなり盛り上がりました。
    お話は、怒られてばかりの1週間に始まり、怒ってる友達を見て思うこと、実際に自分が怒ってしまう事。なかなかヨイデス(^^)絵も綺麗で内容も子どもにとって親しみやすい様です。

    2人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年10月07日 - 2019年10月13日)

     :第-位( - ) > 絵本・児童書・図鑑:第2272位(↓) > 絵本:第1180位(↓) > 絵本(日本):第1069位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと24

1,430円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ