悼む人
  • Googleプレビュー

悼む人
天童荒太

1,748円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年11月
  • 著者/編集:   天童荒太
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  450p
  • ISBNコード:  9784163276403

商品説明

『悼む人』で140回直木賞を受賞した天童荒太さん。『永遠の仔』『包帯クラブ』『家族狩り』など、数々の作品で読む人の心を揺さぶってきた天童さんが、7年の歳月を費やした感動巨編で問いかけたかったこととは?あなたが「悼む人」は誰ですか?

◆第140回直木賞受賞作◆

2009年本屋大賞特集
善と悪、生と死が交錯する。『永遠の仔』以来の感動巨編。全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼を巡り、夫を殺した女、人間不信の雑誌記者、末期癌の母らのドラマが繰り広げられる。

週刊誌記者・蒔野が北海道で出会った坂築静人(さかつき・しずと)は、新聞の死亡記事を見て、亡くなった人を亡くなった場所で「悼む」ために、全国を放浪している男だった。人を信じることが出来ない蒔野は、静人の化けの皮を剥(は)ごうと、彼の身辺を調べ始める。やがて静人は、夫殺しの罪を償い出所したばかりの奈義倖世と出会い、2人は行動を共にする。その頃、静人の母・巡子は末期癌を患い、静人の妹・美汐は別れた恋人の子供を身籠っていた??。
静人を中心に、善と悪、愛と憎しみ、生と死が渦巻く人間たちのドラマが繰り広げられる。著者畢生(ひっせい)の傑作長篇がいよいよ登場です。「永遠の仔」シリーズはこちら!
『家族狩りオリジナル版』

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
聖者なのか、偽善者か?「悼む人」は誰ですか。七年の歳月を費やした著者の最高到達点!善と悪、生と死が交錯する至高の愛の物語。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
天童荒太(テンドウアラタ)
1960年、愛媛県生まれ。86年に『白の家族』で第十三回野性時代新人賞を受賞。93年には『孤独の歌声』が第六回日本推理サスペンス大賞優秀作となる。また、96年には『家族狩り』で第九回山本周五郎賞を受賞。2000年にはベストセラーとなった『永遠の仔』で第五十三回日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 一村雨
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年04月05日

    日々の新聞やテレビのニュースでは、事故や事件に
    よる死者の話題が途切れたことが無い。時には、
    被害者の人となりが詳しく紹介されることもある。
    主人公の青年は、そんな全国の事故や事件の
    あった場所を行脚し、亡くなった人の思いを胸に
    刻むという「悼み」を行い、やがて「悼む人」と
    呼ばれるようになる。
    何のためにどうして、主人公はこの「悼み」を行う
    のか。この行為の意義は何か、果たして意味の
    あることなのだろうかという点が、この物語の
    最大のポイントである。
    著者も、繰り返し、寄せては引く波のように、
    これを訴えている。ただ、自分としては、情緒的
    には理解できるのだが、まだまだ納得はできない。
    次に彼をめぐる家族の物語。とくに末期ガンで、
    在宅で最期を迎えようとする彼の母親の物語は
    心に沁みる。
    「悼む人」を追いかける嫌われ者の雑誌記者の
    物語は、分かりやすい。人間の汚さ、醜さに拠った
    記事を売りにしていた雑誌記者は、「悼む人」の
    影響を受け、スタイルが変っていく。しかし、
    思わぬ結末が待ち受けていた。
    もう一人、「悼む人」と行動を共にする夫殺しの女。
    殺した夫の首が肩にとりついている。「悼む人」と
    この夫との対話は、「悼む人」の行為の動機に迫り
    圧巻である。
    「死」という重いテーマを、以上のようないくつ
    かの側面から描いているので、なかなか快適には
    読み進めることができなかった。「永遠の仔」の
    ようにミステリ仕立てでもなく、ただただ、時系列に
    読ませるだけ。読後の後味もさほどすっきりとは
    しない。それでも、心の底にポッと暖かさが残るのが、
    救いはである。
    表紙は作者が写した舟越桂のスフィンクスの像。
    この彫刻から、作者は啓示を受けたそうだ。人間
    はどこから来てどこへ行くのかという永遠の謎を
    提起しているかのようだ。

    2人が参考になったと回答

  • 興味・・・
    みみこ4926
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2009年04月03日

    うーん・・・単行本で出てからでもよかったかな・・・?私は信仰心があるのでものたりなくて、いやな気分が残りました。重いし結局主人公はどうなったの?って感じで、くらいきぶんになりました。すみませんが時間を無駄にしたかなあ?

    2人が参考になったと回答

  • 新聞記事を見て衝動買い!
    まこパパ2
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2009年02月26日

    作者の天童さんは、01年の米国での同時多発テロとアフガンへの報復攻撃に衝撃を受けて、この小説を構想したそうだ。多くの人の死に痛みを覚え、大きく報じられる死と小さく扱われる死があることに矛盾を感じる中から、あらゆる死に等しく思いをはせる主人公が生まれた。「死に軽重をつける社会は、生きている人も公平に扱えない」とも考える。死を思うことで見えてくるものは何かをじっくり考えてみたくて、この本を手にした。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,748円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】君たちはどう生きるか
      【入荷予約】君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,047円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】日の名残り
      【入荷予約】日の名残り

      カズオ・イシグロ

      820円(税込)

    3. 3
      女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
      女の子が生きていくときに、覚えていてほ…

      西原 理恵子

      1,188円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】わたしを離さないで
      【入荷予約】わたしを離さないで

      カズオ・イシグロ

      864円(税込)

    5. 5
      回転ドアは、順番に
      回転ドアは、順番に

      穂村弘

      626円(税込)

    1. 1
      わたしを離さないで
      電子書籍わたしを離さないで

      カズオ イシグロ

      720円(税込)

    2. 2
      陸王
      電子書籍陸王

      池井戸潤

      1,836円(税込)

    3. 3
      君の膵臓をたべたい
      電子書籍君の膵臓をたべたい

      住野よる

      720円(税込)

    4. 4
      自覚ー隠蔽捜査5.5ー(新潮文庫)
      電子書籍自覚ー隠蔽捜査5.5ー(新潮文庫)

      今野敏

      659円(税込)

    5. 5
      ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?
      電子書籍ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answ…

      森博嗣

      544円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ