茶の湯の常識
  • Googleプレビュー

茶の湯の常識 利休伝書が語る
町田宗心

2,750円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2008年10月
  • 著者/編集:   町田宗心
  • 出版社:   光村推古書院
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  335p
  • ISBNコード:  9784838103843

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
流儀によってなぜ手前が違うか?なぜ茶碗をまわして飲むのか?袱紗のつけ方が、なぜ流儀により右と左か?侘び茶とは、どんなお茶?利休・織部など先匠の茶の心を、伝書を基にしてわかり易く解説し、失われた茶の湯の原点を見つめ、本道を取りもどすためにも、座右に置きたい一冊である。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 客の作法に決まりがあるのか/2章 亭主の作法はこれでよいのか/3章 茶の湯は「人により道具により」違う/4章 伝承の難しさ/5章 「さび」ということ/6章 わび茶とは何か/7章 『南方録』成立の背景と利休虚像の誕生

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
町田宗心(マチダソウシン)
昭和12年7月12日生。茶道石州流不昧派十四世。(社)群馬県経営者協会専任講師。平成13年〜17年群馬県大泉町公平委員。平成2年〜14年(社)中高年齢者雇用福祉協会、研究員・主任講師。平成9年三洋電機(株)退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ