犯罪の民俗学
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 犯罪

犯罪の民俗学 明治・大正・昭和犯罪史から
礫川全次

2,700円(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  1993年05月10日
  • 著者/編集:   礫川全次
  • 出版社:   批評社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  254p
  • ISBNコード:  9784826501606

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
明治・大正・昭和期の犯罪の背後に潜む民俗事象を克明に調べ、日本における伝承文化の深層に迫る。犯罪の心象風景を解読する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 犯罪の民俗(脱糞論/掏摸論/女装論/山窩論/人肉論)/第2部 犯罪と民俗(「狐憑き」をめぐる犯罪/「呪術」にまつわる犯罪/「村八分」とその心意伝承/「心中」にみる心意伝承/間引き論)/第3部 資料篇

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • Zengzi
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年10月02日

    当方、日本近代史や近代文学を専門とする者ではありませんが、昔から記になっていた様々なことが氷解する思いがすると同時に、自分の専門とする分野を考える上でも大きなヒントを与えてくれる好著だと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,700円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ