生きにくい子どもたち
  • Googleプレビュー

生きにくい子どもたち カウンセリング日誌から (岩波現代文庫)
岩宮恵子

928円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年03月
  • 著者/編集:   岩宮恵子
  • レーベル:   岩波現代文庫
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  190p
  • ISBNコード:  9784006031824

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
子どもたちは、日常をこえた世界への通路をもち、そこでの深い体験の力に支えられて生きる。アキラはその異界とのつながりがうすく、逆にアリサは日常を逃れて異界に閉ざされてしまって、ともに実生活に適応できずに苦しんでいた。二人が、筆者と心の対話を深めるにつれて、癒しのドラマが始まる。子どもたちの癒しは、若いカウンセラーが癒される道でもあった…。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 異界への通路(子どもと異界/異界へとつながるーアキラの場合)/2 異界を生きる(物語を生きる/癒しの物語が生まれるときーアリサの場合)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
岩宮恵子(イワミヤケイコ)
1960年生。臨床心理士。島根大学教育学部教授。心理職をめざす学生たちに対して講座で教鞭をとる傍ら、スクール・カウンセラーとして、思春期の子どもたちと対話を重ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.67

ブックスのレビュー

  • (無題)
    アンジェ5284
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2011年01月10日

    実際のカウンセリング例が記載してあり、とても参考になるとともに、著者のカウンセリングに対する真剣な姿勢が伝わってくる臨場感あふれる一冊でした。思春期という異界とはこのようなものなのか、と自分の思春期も振り返りながら読みました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年12月03日 - 2018年12月09日)

     :第-位( - ) > 文庫:第6231位(↑) > 人文・思想・社会:第5706位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

928円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ