楽天ブックスで対象のDVD・ブルーレイを購入すると、お買いものパンダのステッカーがもらえる!詳細はこちら
ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版_DVD-BOX〈7枚組〉
DVD
現在地
トップ > DVD > 特撮 > テレビ

ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX
瑛太

参考小売価格:24,624円 2,463円(10%)OFF!
22,161円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

商品基本情報

商品説明


【最新】日本のドラマBOXはこちらからチェック!

期間限定!DVD・ブルーレイ特価セール⇒

東凛大学医学部の法医学ゼミで学ぶことになった加地大己、石末亮介ら5人の学生たち。物言わぬ遺体と対峙し死因を突き止め、失なわれた命の最後のメッセージを読み取るために奮闘していく姿を描く。瑛太、生田斗真らが共演した青春医学ドラマ。ポイント552倍のエントリーはこちら >>
【シリーズエピソード】
第1話 失われた命を救う医学/第2話 卵持って感電した男/第3話 15年前の母の死因は/第4話 解剖台の上の親友/第5話 見えないスクープ写真/第6話 予期された入院患者/第7話 命がけのタイムセール/第8話 決して消せない炎/第9話 雨を読めた男の死/第10話 最後の大勝負/第11話 別れの時、僕らの明日
【シリーズストーリー】
東凛大学医学部4年の加地大己(瑛太)は、志望していた「心臓外科学ゼミ」に不合格となる。同級の石末亮介(生田斗真)は、一番人気のゼミだから仕方がないと声をかけるが、大己は自分が受かっていたのに落とされたような気がしてならない。大己が合格していたのは、亮介と同じ「法医学ゼミ」だった。掲示板に書かれた合格者名の一番下にある自分の名前。それを見た大己は、何かを思いついたように掲示板の前を立ち去る。その頃、同医学部4年で「脳神経外科学ゼミ」に合格した久保秋佳奈子(石原さとみ)は同ゼミの教授を訪ね、「法医学ゼミ」に異動させてくれと頼んでいた・・・。

画面サイズ:16:9LB

色彩:カラー

言語: 日本語(オリジナル言語)

音声方式: ドルビーデジタルステレオ(オリジナル音声方式)

制作国: 日本

制作年:2008年

タイトル:VOICE-INOCHI NAKI MONO NO KOE-DIRECTORS CUT BAN DVD-BOX

収録タイトル:

[Disc1]
『ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
アーティスト:瑛太/生田斗真/石原さとみ ほか
出演:瑛太/生田斗真/石原さとみほか
脚本:金子茂樹
プロデュース:瀧山麻土香ほか
「ヴォイス〜命なき者の声〜」
[Disc2]
『ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc3]
『ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc4]
『ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc5]
『ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc6]
『ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc7]
『ヴォイス〜命なき者の声〜ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD

みんなのレビュー

  • 購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年06月17日

    好きなドラマだったので、購入してみました。

    0人が参考になったと回答

  • 祝!!瑛太、月9初主演!!
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年03月27日

    瑛太が大好きなので最初は瑛太を見る為に、みてたけど命の尊さや最後には心あたたまる素敵なドラマでした。早く7月にならないかなぁ…楽しみです☆

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

参考小売価格:24,624円 2,463円(10%)OFF!

22,161円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:特撮

    ※1時間ごとに更新

    このページの先頭へ