本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学

光るクラゲがノーベル賞をとった理由 蛍光タンパク質GFPの発見物語
生化学若い研究者の会

1,870(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

2008年ノーベル化学賞受賞!下村脩博士が発見した光るタンパク質の秘密を解き明かす。「光る生き物」から、がんや脳研究の応用までをやさしく語る。宮脇敦史博士のインタビューも収録。

目次(「BOOK」データベースより)

プロローグ 生命科学を導く星/第1部 光る生き物たち(光る生き物たち/どうやって光るの?ほか)/第2部 2008年度ノーベル化学賞受賞GFPの発見と改変の歴史(オワンクラゲの発光物質を求めて/チャルフィー博士とチェン博士の功績)/第3部 最先端の研究現場でのGFPの応用(がん研究におけるGFPの活躍/脳研究におけるGFPの活躍)/エピローグ 宮脇敦史博士インタビュー

著者情報(「BOOK」データベースより)

石浦章一(イシウラショウイチ)
1950年、石川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。専門は分子認知科学。難病の解明をライフワークに、遺伝性神経疾患の分子細胞生物学研究をおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(9件)

総合評価
 4.14

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ