大村はま「国語教室」の創造性
  • Googleプレビュー

大村はま「国語教室」の創造性
橋本暢夫

8,640円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年04月
  • 著者/編集:   橋本暢夫
  • 出版社:   渓水社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  552p
  • ISBNコード:  9784863270527

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
大村はま「国語教室」の創造性-波多野完治博士からの書簡をてがかりに/二一世紀の国語教育への提言-「優劣のかなた」をめざした単元/「大村はま文庫」を活用するために-「学習の記録」にどう学ぶかを中心に/国語科教師論/新聞による学習の創造/大村はま国語教室におけるメディアリテラシー教育-紅葉川中学校における「新聞学習」を中心に/NIEの先駆者大村はま-単元「新聞」による「自己学習力」の育成/対話力の育成-優劣を意識させない授業/個に応じみずから学ぶ意欲に培う教育を求めて/これからの単元学習のために/国語科教育の現状と課題-大村はま「国語教室」に学んできたこと/ことばを育て、人を育てる/自己学習力の育成のために/テストで測れない力の育成を/大村はま先生と鳴門

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
橋本暢夫(ハシモトノブオ)
1931(昭和6)年大阪市生まれ。1954年広島大学教育学部卒業。和歌山県立桐蔭高等学校、広島県下の高等学校に勤務。1969年広島県教育委員会指導課指導主事、高等学校教育係係長・指導課課長補佐。1970〜1980年広島県立広島女子大学講師を兼務。1980年広島県立高等学校教頭から、大分大学に転じ、助教授・教授。1989(平成元)年〜1997年鳴門教育大学教授評議員付属図書館長を勤め「大村はま文庫」を創設した。1997〜2003年徳島文理大学教授。博士(教育学)。1990年大村はま賞受賞。1996〜2004年徳島県NIE推進協議会会長。専攻は国語教育学。国語教育史研究(国語教材史、国語教育実践史・大村はま「国語教室」の研究)。国語科教育実践理論の研究などを専門としている。教育の国際化を志向して、日本語教育分野の実践研究にも携わり、1987〜1988年、中華人民共和国天津・南開大学招聘教授。(以後1998年・2004年にも)。広州・華南師範大学招聘教授(2004年・2008年)。成都・四川大学招聘教授(2005年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

8,640円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ