官能の哲学
  • Googleプレビュー

官能の哲学 (ちくま学芸文庫)
松浦寿輝

1,188円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

このバナーをご覧の方限定!100円引きクーポン

クーポン獲得はこちら
※税込み3,000円以上購入でご利用可能

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年06月10日
  • 著者/編集:   松浦寿輝
  • レーベル:   ちくま学芸文庫
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  251p
  • ISBNコード:  9784480092182

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ゴダールと谷崎が描いた乳房の違い。バルテュスの画に見る緊張感漂う欲望。「欲望とは脱我ではなく、「わたし」が欲望し、かつ欲望する「わたし」自身を同時に意識している」-著者は、性は修辞的にしか語りえず修辞は性的にしか実践しえないという空転する命題を提示して、現代のメディァ空間に棲息し、あらゆる葛藤や屈折の表象として立ち上がるエロティックな記号を炙り出す。さまざまな作品を引用し横断しつつ、映画、絵画、小説等から「表象のエロス」を掬い取り描き出す、意欲的論考。

【目次】(「BOOK」データベースより)
乳房が眼を閉じる-序にかえて/1 修辞的身体(´erotiques/rh´etoriques/インテルメッツォ-バルテュスの絵をめぐる ほか)/2 歴史の地平(電子的レアリスム/スクリーン-遮蔽と露出 ほか)/3 確率/イメージ/メディア(表象と確率/見えるものと見えないもの ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松浦寿輝(マツウラヒサキ)
1954年、東京生まれ。1980年、東京大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授(表象文化論)。詩人、作家、映画評論家でもある。2000年、『花腐し』(講談社)で第123回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,188円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      よみがえる変態
      よみがえる変態

      星野 源

      648円(税込)

    2. 2
      黄緑のネームプレート
      黄緑のネームプレート

      赤川次郎

      691円(税込)

    3. 3
      屍人荘の殺人
      屍人荘の殺人

      今村 昌弘

      799円(税込)

    4. 4
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    5. 5
      【予約】文庫 恋のゴンドラ
      【予約】文庫 恋のゴンドラ

      東野 圭吾

      720円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ