永遠の0
  • Googleプレビュー

永遠の0 (講談社文庫)
百田尚樹

946円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年07月
  • 著者/編集:   百田尚樹
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  589p
  • ISBNコード:  9784062764131

よく一緒に購入されている商品

  • 永遠の0
  • +
  • 海賊とよばれた男(上)[百田尚樹]
  • 永遠の0 (講談社文庫)
  • 百田尚樹

946円(税込)

在庫あり

810円(税込)

在庫あり

合計 1,756円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくるー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
百田尚樹(ヒャクタナオキ)
1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。高校ボクシングの世界を感動的に描いて’08年に発表した小説『ボックス!』で圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 10代・20代の方にも是非読んで頂きたい一冊
    尾張娘
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年02月26日

    何度も涙を拭きながら読み終えました。
    終戦から60年目の夏、26歳にしてニートの主人公が、特攻隊として散った祖父の生涯を尋ね歩きます。
    * * * * * * *
    私たちが実際に戦争を体験したの方々のお話を伺うことが困難になりつつある現在。
    著作にあたって、百田さんが参考になさった実録文献・手記は記載されているだけでも28冊を超えています。
    登場人物等々はフィクションですが、その中で語られる内容には実在の人物や実際に起こった出来事が多く織り込まれています。
    このことによって、作品を通し(疑似的ではあるが)戦地に赴いた方々からお話を伺えたような心地がします。
    戦争の非情さ・残酷さ、苦しさ・辛さ。
    誰の為に何の為に生き、誰の為に何の為に死ぬのか....
    信念を持ち、それを貫くことの意義...
    それら諸々を大いに考えさせられます。
    こうしてわたしが拙筆を走らせるより、今は亡き児玉清さんの解説が的確に本作を語っているかと思いますので以下に抜粋します。
    ----------------------------------------
    太平洋戦争とはどんな戦争で、どのような経過を辿ったか。
    また、この戦争に巻き込まれた我々日本人は、軍人は、国民は、その間に、どのように戦い、どのように生きたのか。
    国を護るために戦わなければならなくなった若者たちの心とは、命とは。
    彼ら若者たちを戦場に送り出したエリート将校たちの心とは、
    といったことを作者はものの見事にわかりやすく物語の中にちりばめている...
    -------以上、故:児玉清氏解説文より抜粋-----

    72人が参考になったと回答

  • 辛いけど読んで欲しい
    MD ’Y'
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年04月13日

    これは単なる戦争小説では無く、たった60年前に20代でこのような素晴らしい人たちが居た、愛する人とその国のために命をかけたという、陳腐な言葉では表せない大きな愛情が根底にある、哀しくも美しい小説である。しかし、元特攻隊員に語らせる戦場の事実は辛く、日本軍の諜報機関の貧弱さと、幹部の官僚体質から引き起こされる敗戦に腹が立つ。時々頁を閉じたが、読み終わってもう一度読んだ。サイパンに気軽に行けるだろうか。時として涙で頁がかすんだ。
    ゼロとは皇紀2000年に作られたからゼロ戦という。戦って死んだ人たちはカミカゼと恐れられた勇士であり永遠なのである。
    物語は、実の祖父が他に居た。しかも特攻隊員として玉砕した。この事実をニートの主人公が、アルバイトがてら調べるうちに、突きつけられる祖父の姿。卑怯者だったと言われた最初の軍人の姿から、最後は、愛と信念に生きた人誇り高い勇者であり、最大の愛情をたった1週間一緒に居ただけの妻と娘のために貫いた人という感動。
    戦争描写は精密で、疲れる部分もあるが、途中で現在の人物が出てくることにより、平和ボケした日本の問題が浮き彫りにされる。
    ある特攻隊員は、攻撃されても逃げれば戦争にならないという姉に、ならば今現在の激戦区に入って行って、逃げれば戦争は終わると言えという。
    また、特攻隊は天皇信仰のテロリストであり、9・11のイスラムテロと同じだという新聞記者に、特攻隊は無辜の民に対して行ってはいない、武士の戦いだ。お前の新聞が一番信用できない。戦争中は国民を煽りたて、戦後は手のひらを返したことを反省文も無く書く。新聞のせいで、現在の日本人はその良さを失い、自分のことしか考えない国民になったと喝破する。
    現在米国の博物館には有名な特攻隊員の写真が尊敬の念をもって飾られているとのこと。結末に近づくほど、感動が高まる本です。最後のドンデン返しともいえる運びは胸熱くなりますが、書きません。
    ただ、この本は、何故日本が戦争を始めなければならなかったかということは書くのは無理だった。この本に相応しい本として、渡辺洋一氏の’若者たちよ’K&Kプレス刊を一緒に読んで欲しい。右翼の本ではなく、16年かけて実際に現地で調べたワールドビジネスマンの殆ど自費出版の著書である。西欧人の世界侵略がどのようなものか書かれており、日本がその罠に嵌った事実が明らかにされている。

    41人が参考になったと回答

  • 映画に感動して♪
    帰って来たVAN
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年02月01日

    瞼が腫れるほど泣いた映画。
    本当に感動しました。
    主演の岡田 准一さん、これははまり役だったのではないでしょうか。

    その原作を読んでみたくて購入しました。
    中々まとまった時間が取れずまだ読んでいませんが、
    速読のできる娘はアッという間に読んで、良かった〜感動したと涙を流していました。

    40人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年04月09日 - 2018年04月15日)

     :第-位( - ) > 文庫:第1102位(↑) > 人文・思想・社会:第1048位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

946円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      火星に住むつもりかい?
      火星に住むつもりかい?

      伊坂幸太郎

      842円(税込)

    2. 2
      ラプラスの魔女
      ラプラスの魔女

      東野 圭吾

      820円(税込)

    3. 3
      零れた明日
      零れた明日

      堂場 瞬一

      928円(税込)

    4. 4
      【予約】人魚の眠る家
      【予約】人魚の眠る家

      東野 圭吾

      788円(税込)

    5. 5
      羊と鋼の森
      羊と鋼の森

      宮下 奈都

      702円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ