うつ病が快復するノート
  • Googleプレビュー

うつ病が快復するノート
渡部芳徳

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2009年08月
  • 著者/編集:   渡部芳徳
  • 出版社:   主婦の友社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  151p
  • ISBNコード:  9784072672815

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
毎日きちんと記入すれば、うつ病は克服できます。まずは「毎日書く」ことを目標にしてみましょう。気がつけば、うつ病が快復に向かっているはずです。光トポを使用した診断と治療で注目のうつ病スペシャリストが、長年の経験を基に研究&改良を重ね、完成したのが本書の「快復ノート」です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
うつ病「快復ノート」とは/うつ病とはどんな病気か/うつ病は脳のトラブルが原因/うつ病が疑われる諸症状/うつ病になる人のパターン/やっかいな双極性うつ病/うつ病は必ず克服できる病気/うつ病の基本的な治療法/光トポグラフィの可能性/うつ病治療の柱は薬物療法/うつは食事の内容で改善できる/目標は無理のない「社会復帰」/ひもろぎ式社会復帰プログラム/周りの理解と協力が不可欠

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
渡部芳徳(ワタナベヨシノリ)
ひもろぎ心のクリニック理事長。医学博士・精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医。1963年東京生まれ。山梨医科大学医学部卒業。福島県立医科大学神経精神科に入局後、米国デューク大学医学部神経科学研究センターに留学。てんかんモデルであるキンドリングを研究。帰国後、博士号を取得し、精神科医療を専門に診療・研究を行う。現在は医療法人社団慈泉会の理事長として、南湖こころのクリニック(福島県白河市)、介護老人保健施設ひもろぎの園(福島県白河市)、ひもろぎ心のクリニック(東京都豊島区)などの運営にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 使いこなして、社会復帰を目指します!
    きんくまくまぞう
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2010年07月24日

    偶然知って、早速取り寄せたのがこの「本」というよりタイトル通り「ノート」。うつ病は治そうと思って取り組まないと直らないことがわかり、買ってよかったと思った。自分で書き込む方式だが、うつ病に関する専門家ならではのコラムもたくさんあり、非常に勉強になる。母にこのノートをみせたら「そういうものが出版されているほど、患者さんが沢山いるのね」と、ちょっと安心したような顔をしていた。冒頭いきなり「自死しない宣言」があり、一瞬ドキリとするが、こういう宣言がのっているのも臨床経験の豊富な著者ならではのことだろう。数値データ(歩数・体重など)を記入しなくてはならないので、「向き合いたくない自分、病気に甘えている自分」の姿を見せつけられる。このノートを書き終わる頃には社会復帰できるよう、毎日少しずつでも行動しようと思っている。

    0人が参考になったと回答

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,944円(税込)

送料無料

この商品のバーゲン本
【バーゲン本】うつ病が快復するノート 972円(税込)

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ